ついに絶アルテマがクリアされました。本当におめでとうございます!
6月11日現在では2チーム踏破されていて、つまり世界で4名のタンクさんが絶を踏破したことになります。
今回は、その装備について見ていきます。
※以下、実質最大HPとは不屈によるダメージ軽減を疑似的なHP上昇と見立てた値です

World 1st MT(暗黒)

101
最大HP67551
不屈による軽減率6.0%
実質最大HP71863

かなり不屈寄りのビルド
になっています。.不屈は食事抜きで脅威の1667
右のアクセサリーが2ヶ所ダイヤなのは、耳と首の新式に不屈が付いていないからだと思われます。(耳と首の新式はどちらも意思SSで、腕と指には不屈付き)
全体的に不屈を優先し、不屈が入りきらない箇所にDHを盛っている感じです。

かと言って不屈特化ではありません。手や足は不屈178ついている部位もありますが、どちらも不屈SSなので火力低下を嫌ってこの装備になっているのでしょう。

ちなみに不屈の1667という値はかなりキリがよく、おそらく狙ってこの数字にしています。食事もたぶんケナガウシステーキではなくタコ焼きだと思われます。(ダメージを6.0%軽減する不屈の値は1666~1687なので無駄な不屈の値が1しかない)

なお、当然のことながら同じ構成にしたいのなら、不屈禁断新式を3つ作って左に天眼のハイマテを3個追加で刺せば全く同じステータスになります。天眼禁断を崩すくらいならもう3つ不屈禁断新式作りましょう。


World 1st ST(ナイト)

102
最大HP66756
不屈による軽減率4.0%
実質最大HP69538

こちらの方も不屈のマテリアが入っています。不屈の値は1240です。
このナイトさんの装備はわかりやすく、ナイトの火力最強と言われる装備一式から、左装備のみ付けれるだけ不屈をつけた形です。
早期と言ってもSTに不屈はいいかな、と個人的には思っていたのですが、積んできましたね。

ちなみにナイトは以前火力計算した式がまた残っているのでぱぱっと数字を入れ替えて計算してみたところ、通常ビルド(後述する2ndナイトさんの構成です)→このビルドに変えると、火力が0.74%落ちる代わりに被ダメージを2.0%減らしていることになります。

World 2nd MT(戦士)

201
最大HP68914
不屈による軽減率0.8%
実質最大HP69052

個人的に最も驚愕した構成がこちら。なんと新式を一切使用していません。
じゃあHP+不屈の防御特化なのかと言うと、クリティカル特化型構成になっていてむしろ不屈の値は一般ビルドよりも低い542です。一般的なIL363構成やダイヤ腕だけ装備したIL364構成(戦士でよく見ます)は不屈の値が714/800で1.6%/2.0%の軽減率があります。
しかしながら、IL364構成だとHP67323の軽減率1.6%なので、実質的なHPの値は68414となり、固さだけで言えばこの構成の方が僅かに固いと言えます。

なので火力を少し下げて防御力を上げるという意味では1stのタンクの発想と同じといえます。
クリティカルの値はIL364構成よりも高いので火力損失もそこまでではないのかもしれません。
戦士は解放の関係上火力計算式を作るのがやや難しいのですが、これは考察の余地があるかもしれないです。

World 2nd ST(ナイト)

202
最大HP66756
不屈による軽減率2.0%
実質最大HP68118

完全火力特化型です。
私の計算でも、火力を追求するならナイトの装備はこれが一番DPS数値が高いです。私も全く同じ構成の装備です。
ちなみに、1stのナイトさんもつけるマテリアは違えど全く同じ構成の装備なので、とりあえずナイトはコレを準備しろ、と言っても過言ではないのかもしれません。

まとめ

練習段階で不屈は有効だとは思っていましたが、クリアの段階でも不屈は有用みたいですね!
しかしながら2ndの構成は比較的火力に傾斜していたので、タンクの装備はどちらでもいいのかもしれません。(2ndの方はもしかしたら時間切れを見てからビルドを変えたのかもしれません)

ただ、逆にいうとどちらでもクリアできることはほぼ証明されたと言っても過言ではないため、急いで装備を新調しなくてもよい、ということになります。固定ならばヒーラーさんなどと話し合いをして装備を決めてもいいかもしれませんね。

絶賛停滞中ですが、私もがんばりますね!それでは。