私が野良勢なので、ここで記事が終わる可能性……。
ですが野良でも攻略できたので記事にしてみます。
ナイトの枠がなかなかなく、近接でも攻略を始めました。
※現在さまざまな攻略法が野良で存在します、これから紹介するのはその一部の攻略法です


ultima012
※外周に触れると即死する

フェイズ1

※ボスの固定位置などはPTによって違います
とりあえずここで紹介しているのは中央固定です。


◇スリップストリーム

ガルーダさんおなじみのMT対象の不可視前方扇状範囲魔法攻撃。
避け方はいつもと同じで後ろに回り込むだけだが、ダメージが絶仕様になっていてめちゃめちゃ痛い。当たるとスタンもつく。


◇ミストラルソング(ガルーダ)

ヒーラーのどちらかに1人に緑色のマーカーが付き、そのマーカー対象者に向かって直線範囲魔法攻撃。
真ガルーダなどと違ってマーカーは出るが、無詠唱。開幕のスリップストリームの直後に来る。
ultima001
最初に当たった人に大ダメージで、2人目以降は3万弱ほど。頭割っぽく見えるが頭割攻撃ではない。先頭に10万以上、2人目以降は何人いても一律3万弱ダメージとなっている。
ここではSTがバフを使い、先頭に立って耐える。感覚的には真ガルーダなどでフィールドに置いてあった岩の役割をSTがする感じに近い。
ultima002
開幕から上図のように戦闘していれば必ずマーカーはヒーラーにつくので特になにも意識していなくともミストラルソングを処理することが可能。その後、マーカー対象者がいた場所に竜巻が発生する。
当たれば即死級のダメージ+ノックバックなので、ミストラルソングが終わったらすぐ全員北に移動する。


◇ダウンバースト

MT対象の無詠唱で不可視前方扇状範囲物理攻撃。
デストノンバフで4万弱食らうのでそこそこ痛い。
後述する羽根フェイズ中にやってくるので、例えば羽根フェイズ中に解放デシメートを入れに行こうとガルーダを後ろに向けるとDPSに当てて事故る。羽根フェイズ中にどうしてもボスを後ろに向けるときは、ダウンバーストの着弾を見てから。
物理攻撃なので牽制が有効。他に入れる場所もないので積極的に入れるとAAごと軽減できてイケメンメレー。
具体的に言うと1回目と2回目の羽根フェイズ時のスリップストリーム詠唱中に牽制を入れればぴったりダウンバーストに牽制が合う。


◇スパイニーブルーム&シルキーブルームPOP

スパイニーブルーム1匹とシルキーブルームが4匹出現する。
各羽根はヘイト無視で線でつながったプレイヤーを追従する。
ultima003
シルキーは出現時点で誰を追従するかランダムで決まる(DPS優先)が、スパイニーだけは最初に攻撃を当てたプレイヤーを追従する。
スパイニーは追従したプレイヤーに定期的にサイクロンという、ノンバフで5万強のダメージと低気圧デバフを1スタックずつ与える魔法攻撃をする。よってSTが初撃を入れてSTがスパイニーを保持する。もちろん要バフ。初撃は挑発でも可。ヘイト無視なので挑発1発だけでずっと保持できる。
スパイニーのPOP地点は9時方向なので出現と同時にSTが初撃を入れる。もたもたしているとヒーラーにスパイニーがついてしまう。

この5枚の羽根はスパイニーも含めて北で範囲攻撃でまとめて落とす。が、スパイニーにトドメを刺すのはSTに低気圧デバフが2ついてから
ultima005
なおシルキーブルームの処理に遅れると解除不可の睡眠が全員についてほぼワイプ。

スパイニーを倒すと、範囲攻撃の後に極ガルーダでおなじみのフィールドが生成される。一応極ガルと同様にダメージを軽減する効果もあるのだが、覚醒ギミックを発動させるためにこのフィールドは軽減には使わない。
ultima004
このフィールドに入ると、自身の低気圧デバフが消えて、自身に付いていた低気圧デバフのスタック数に応じた全体ダメージ(スーパーサイクロン)をまき散らすという効果がある。

低気圧1→全体微ダメージ
低気圧2→全体3万強ダメージ
低気圧3以上→全体999999固定ダメージ


低気圧2のスーパーサイクロンを1回起こすたびに、ガルーダにエーテル供給というバフが1つ付く。
これが4スタックたまるとガルーダに覚醒バフがついて、攻撃パターンが強化される。
後のフェイズのために、ガルーダに覚醒バフをつけて強化状態のガルーダを倒す必要がある、


◇フェザーレイン

ガルーダが鳴き声をあげたら、ランダムに5人の足元に小範囲が出て、当たると2万弱のダメージ+強DOT。
ultima006
この攻撃、予兆は出るものの極ガルーダと同様に予兆がすさまじく短い。極ガルーダと違ってワープした瞬間以外にもガンガン使ってくる。
ガルーダの鳴き声を聞いたらすぐに移動しないとほぼ回避不能レベル。個人的にはガルーダの中で最も注意すべき攻撃
フェザーレインの直前はMTを除くほぼ全員が同じ位置にいることが望ましい


◇ミストラルシュリーク

ダメージ45000強の全体魔法攻撃。
STが低気圧2になる直後にやってくるのでスパイニーフィールドに入って軽減することは考えなくていい
ミストラルシュリークの後、MTはガルーダをスパイニーフィールドの近くまで誘導する。


◇ウィンドブレード

MT以外のランダム1人を対象とし、対象者とその周囲に円形範囲魔法攻撃。詠唱付き。
ダメージは35000前後で、これに当たると低気圧デバフが1つつく。全部で2回来る。
ウィンドブレードは基本的に全員がボス背面に集合して受ける

これと、既にフィールドに生成されているスパイニーフィールドを利用し、後述するエリアルブラストまでに、低気圧2のスーパーサイクロンを3回発生させ、ガルーダにエーテル供給バフを3つつけるのが目標となる。以下、処理方法の一例を記す。


・スパイニーブルームを、STに低気圧2がついた段階で倒して、スパイニーフィールドを生成させる

ミストラルシュリークが来るのですぐに全体ヒール

・シュリークのあと、全員のHPが35000以上戻ったらすぐにSTはスパイニーフィールドに入りスーパーサイクロンを発生させる(ガルーダにエーテル供給1がつく)

ウィンドブレード1回目、全員ボス背面で受ける。ここでヒーラーのうちどちらか片方は後のギミック処理のためにスパイニーフィールドに入り、低気圧を消しておく。(低気圧1のスーパーサイクロンが発生)

ウィンドブレード2回目、全員ボス背面で受ける。この時点でヒーラー1人が低気圧1、他全員が低気圧2ならOK。全員のHPが35000以上戻ったらレンジ→キャスターの順に1人ずつスパイニーフィールドに入って、合計2回のスーパーサイクロンを発生させる。それぞれにカウンターヒールが必須。(ガルーダにエーテル供給3がつく)


文字に起こせば簡単そうだが、ヒールがめちゃくちゃしんどい。
スパイニーフィールドの効果時間も余裕がないので、STやレンジキャスが入る前のヒール待ち時間の猶予もかなり厳しい。

シュリーク(全体45000)→STスーパーサイクロン(全体30000)→ウィンドブレード(全体35000)→ヒーラースーパーサイクロン(全体4000)→ウィンドブレード(全体35000)→レンジスーパーサイクロン(全体30000)→キャススーパーサイクロン(全体30000)→エリアルブラスト(全体50000)

これがわずか約35秒間の出来事である
各種軽減やマントラなどはフル活用してヒーラーをフォローしよう。


◇エリアルブラスト

ダメージ50000強の全体魔法攻撃。軽減必須。


フェイズ2


フィールド外周にアイ・オブ・ストームが発生し、若干フィールドが狭くなる。


◇ミストラルソング(スパルナ&チラーダ)

ターゲット不可のガルーダの分身であるスパルナとチラーダがPOPし、外周4方向いずれかへ移動する。
その後タンク以外のランダム2人を対象とし、フェイズ1のミストラルソングと同じ緑色のマーカーがつき、その対象に向かってそれぞれが同時に直線魔法範囲攻撃。
ultima007
(上図はAとDに出現した場合)

分身のPOP候補地点もランダムで、東西南北の4方向いずれかからミストラルソングを撃ってくる。性質はフェイズ1のものと同一なので、上図のようにタンク以外の全員がフィールド中央で固まって待機し、MTとSTがそれぞれ前に立って処理する。相変わらずめちゃめちゃ痛いのでタンクは要バフ。
MTは北から時計回りに、STは西から反時計回りに探して担当が被らないようにする。MTならAとBの間を見て分身がいればそこを担当、いなければC担当。STはCとDの間を見て分身がいればそこを担当、いなければB担当という動きをすればすばやく判断できる。

また、マーカー対象者のいた場所に竜巻が起こるのもフェイズ1と同一で、処理したらその場を離れる必要がある。
が、タイミングよくここでフェザーレインが来るので、フェザーレインを避ける段階で竜巻も同時に回避可能。


◇ヴィケットホイール

ガルーダの周囲に円形物理範囲攻撃。当たると即死級ダメージ。
ultima009
詠唱も予兆もあるので避けるのは簡単だが、上記の分身のダブルミストラルソングと同時に発動するため、MTは担当する分身の前にきちんとガルーダを誘導しないと真ん中の待機場所をヴィケットホイールでつぶしてしまう。
ultima008
よって理想的な処理方法はこの図のようになる。(AとDに分身が出現したケース)


◇シルキーブルームPOP

シルキーブルームが4匹出現する、性質はフェイズ1と全く同様。今回はスパイニーはなし。
前述のミストラルソングの竜巻が消えたら、真ん中に移動してガルーダもろとも5匹まとめて範囲焼きする。
このフェイズ中、ガルーダはMTにスリップストリームとダウンバーストを撃ってくるのでDPSの方にガルーダを向けないように
ガルーダが直前まで外周にいる関係上、MTが誘導にもたつくとDPSにスリップストリームを向けやすい。



◇メソハイ

再び分身2匹が外周に出現し、ランダムで2人を対象として緑色の線をつけてくる。今回は必ず東と西に出現する。
線がついた対象者とその周囲に円形範囲魔法攻撃。
ultima010

この攻撃は、受けた人が低気圧デバフを持っていないと即死レベルの威力になる。
が、受けた人についている低気圧デバフを消し、そのスタック数に応じたスーパーサイクロンを発生させるというスパイニーフィールドに入った時と同じ効果を持つ。

この線は、バハムートのテンペストウィングと同じように、線を横切れば奪うことが出来る。
低気圧デバフさえ持っていればダメージは少ないのでヒーラーふたりが東西それぞれの線を片方ずつ奪って、外周で1人ずつ受けて処理する。
ultima011

ここはDPSとタンクは中央でシルキーブルームを壊しているため、自然と全員中央にいる。よって上図のように動けば簡単に処理できる

被弾するとスーパーサイクロンが発動してしまうが、ヒーラーのうち片方は低気圧1、片方は低気圧2なので2つのスーパーサイクロンが発動しても全体4万弱のダメージで済む。
ヒーラーの低気圧スタック数を片方だけ1にしたのはこのため。
この低気圧2のスーパーサイクロンで、ガルーダのエーテル供給バフが4スタックとなり、ガルーダが覚醒する。


別解(ST/バリアヒラ法)
最近募集でメジャーなのは、ここの線をSTとバリアヒラで奪う方法です。
この場合、STはスパイニーを低気圧2で落としウィンドブレードを1回避ける、もしくはスパイニーを低気圧1で落としてウィンドブレードを2発受ける、のいずれかで、ここまでに低気圧1になっておく必要があります。この場合ヒラが低気圧を消す必要はありません。もちろんSTが1回目のスーパーサイクロンを起こします。
バリアヒラは通常通り、ウィンドブレードを2発受けて低気圧2になっておきます。


別解2/というか本解
なんとずいぶん先のアルテマ本体のフェイズで、低気圧1デバフ持ちがガルーダを終えて3人いなければならないという事が判明しました。低気圧が先のフェイズまでずっと消えないのはこの伏線でした。(すごいギミック……)

ワールドファーストのやり方では、両ヒラとレンジがこの低気圧1の保持を担当しているため、ここでヒラが担当するわけにはいきません。
色々なやり方があると思いますが、ワールドファーストの例に倣うのなら、MT(低気圧1)とキャス(低気圧2)で線を取るのがいいと思われます。

1回目のウィンドブレードを全員で受けて、ここでレンジとヒラ2が低気圧1の爆発を3発同時に起こします。2回目のウィンドブレードはMT以外の全員で受けます。
これでMT/ヒラ/レンジは低気圧1、他は低気圧2になれます。


フェイズ3


覚醒ガルーダフェイズ。.
しかしながらこの時点でだいぶHPは削れているので覚醒は比較的見かけ倒し。


◇ヴィケットホイール(覚醒)

ガルーダの周囲に円形物理範囲攻撃。当たると即死級ダメージ。予兆も詠唱も覚醒前と同じ。
しかし覚醒状態の場合、直後にガルーダの周囲が安地のルナダイナモのような無詠唱不可視範囲攻撃の追撃がある。
ヴィケットホイールを避けたら、すぐにガルーダの周囲に逃げ込む。
ultima013
(わかりずらいが上図ガルーダ周囲の内側の円が安地。結構広い。)


◇ダウンバースト(覚醒)

MT対象の無詠唱で不可視前方扇状範囲物理攻撃なのは変わらないが、ダメージ量がすさまじく上がっていて1人受けでは耐えられない。
しかし、頭割が可能になっているので、後ろに向けて全員で受ければ対処可能。

だが、詠唱がないのでタイミングを暗記する必要がある。
使用はヴィケットホイールの直後なので、MTはヴィケットホイールを避けたらそのまま後ろに向ければいい。
直後にスリップストリームが来るのでMTはダウンバーストの後ですぐに前を向ける。


◇エリアルブラスト(覚醒)

時間切れ。
詠唱中は攻撃できない絶仕様なので、詠唱を許した時点で対処不可。





イフリートの攻略記事を書けるかは微妙です……!
がんばって野良で攻略してみますね!
それでは。