ナイトのアビリティのスピリッツウィズインとレクイエスカットには、自身のHP/MPによって威力が高くなるという効果があります。
じゃあ具体的にどれだけHPとMPで威力が変わるのか、という検証をしたいと思います。

はじめに


検証は私のメインキャラのIL363ナイトで行います。
PTボーナス、食事なしの私のナイトのステータスは以下のようになります。

STR2376
意思力1734
不屈800
スキルスピード665
クリティカル1883
ダイレクトヒット1264

クリティカルもダイレクトヒットも発生しなかった場合、ウィズインとレクイエスの計算上のダメージは以下の通りです。
威力300のスピリッツウィズイン→4196~4637 中央値4417
威力350のレクイエスカット→4895~5410 中央値5153
これを元に木人を殴りつつ検証します。

スピリッツウィズイン

20180603001

素の状態で木人にウィズインを30回撃って平均値を取ってみると、平均ダメージは4438.2ダメージとなりました。
計算上の威力300の実ダメージ中央値は4417ダメージとなりますので、HP100%の状態では威力300である、といえます。

この状態から、ダイヤソードのみを装備したギアセットを用意し、そこからメインギアセットに切り替えてHPを減らした状態で木人を殴ってみます。HP自然回復2回毎(6秒毎)に10回ほどずつデータを取ります。クリティカル/ダイレクトヒットいずれも発生しなかったデータのみを抽出し、表にしてみました。

現在HP最大HP比平均実ダメージ
1197419.1%2030.1
2450239.1%2631.8
3703059.1%3219.1
4955879.1%3811.3

この平均実ダメージをグラフにします。
20180603003
ほとんど一次関数と言っていいほどの直線になっています。
ダメージの推移を一次関数である、と仮定するとグラフの傾きは約29.7となります。
つまり、HPが1%あがるたびに実ダメージが約29.7ダメージ増えます。
HPが最大値のときの実ダメージ平均4438.2が威力300の数値だとすると、威力換算して29.7ダメージは威力2.01に相当します。

おそらく本来は切りがいい数字でしょう。ここで仮に1%あたりの変化を威力2とすると、HP0%のときの初期威力100、1%HPが増えるたびに威力が2ずつあがり、HP最大で威力300。という綺麗な式になります。これがウィズインの威力計算式だと思われます。


レクイエスカット

20180603002

こちらも同じく、素の状態で木人にレクイエスを30回撃って平均値を取ってみると、平均ダメージは5132.0ダメージとなりました。
計算上の威力350の実ダメージ中央値は5153ダメージとなりますので、MP100%の状態では威力350である、といえます。

しかしながらウィズインのときは同じHPでいくつものデータを取得できましたが、こちらは同じMPでの測定が難しいので、各MP毎の実ダメージを記録しそれをグラフ上にプロットしてみます。
プロットしたグラフはこちらとなります。

20180603005

このグラフから、こちらも一次関数となることが予想されます。
傾きを各プロットから概算すると、実ダメージで約36.7といったところです。
MPが最大値のときの実ダメージ平均5132.0が威力350の数値だとすると、威力換算して約36.7ダメージは威力2.49に相当します。

おそらくこちらも本来は切りがいい数字でしょう。ここで仮に1%あたりの変化を威力2.5とすると、MP0%のときの初期威力100、1%MPが増えるたびに威力が2.5ずつあがり、MP最大で威力350。という綺麗な式になります。この予想される式を重ねてみると以下のようになります。

20180603004

おそらくキリもいいですし、これで間違いないと思います。
しかしながら威力が小数点以下ということは考えづらいので、実際はMP2%毎に威力が5あがる、といった処理になっているのかもしれません。


結論


スピリッツウィズインは基礎威力100、HPが1%あがるたびに威力が2上昇し、最高威力300。
レクイエスカットは基礎威力100、MPが1%あがるたびに威力が2.5上昇し、最高威力350。

レクイエスをMPがないときに撃つのは考えづらいですが、ウィズインを威力150くらいで撃ってしまうことはよくあるかもしれません、
ほんのちょっと待てばHPが全回復するような状況下なら少しだけ回復を待つことが僅かな火力上昇につながると言えます。