ちょこちょこ私はすごく適当な計算の記事を出していますが、そもそもサブステってなに?どれを選べばいいの?という方向けに簡単な解説を交えてまとめてみようと思います。自分用のまとめでもあります!
レベル70カンストしたてとか、いままでサブステを気にしてなかったとか、そういう方向けなので、もしかしたら知ってることばかりかもしれません……。


■そもそもサブステとは 

サブステータスの略です。武器や防具についている、STRやVIT、INT、DEX、MNDを除いたステータスすべてのことを指します。(逆にこれらはメインステータスと言います)
具体的に言うと、クリティカル、意思力、ダイレクトヒット、スキルスピード、スペルスピード、不屈、信仰です。
20180528001
この装備で言うと、赤い□で囲まれた部分です。青い部分のマテリアの部分のダイレクトヒットもサブステですね。
同じアイテムレベルの同じ部位ならメインステータスは全く一緒のため、サブステータスが装備選びに直結すると言えます。

それでは順番に説明します。


◇クリティカル
クリティカルの発動確率と、クリティカルした時のダメージ量に影響します。
初期値364で発動率5.0%でダメージ倍率は1.40倍です。ここから1000上げると発動率14.2%になり、倍率も1.49倍にあがります。

このサブステだけは上げれば上げるほどクリティカル1あたりの効果も強いと言えます。(クリティカルの確率があがれば当然クリティカルのダメージが上昇する効果も高くなると言えます)
ただし、上げれば上げるほど効果が上がるサブステということは逆に言うと中途半端につけてもパフォーマンスを生かせません。クリティカルを上げるなら、徹底してはめれるだけ武略のハイマテリジャをはめていわゆる全振りを心がけましょう。

また、同じ理屈で自身のクリティカル率を上げるバフを持っているジョブはこのステータスが一番強いといえます。発勁を持つモンク、バトルリタニーとライフサージを持つ竜騎士、ストレートショットを持つ詩人、原初の解放を持つ戦士などは、クリティカル最優先です。

加えて、一部のスキルにはクリティカル時限定の効果がついていることがあり、これらを持つジョブもクリティカルを優先します。クリティカル時に詩心がつく詩人、闘気が貯まるモンク、クリティカル時効果が2倍になる鼓舞を持つ学者などです。

もちろん上にあげられていないジョブも、全振りするのなら全ジョブ候補に挙がると言っても過言ではないほどの強ステータスです。自身がクリティカル系バフを持っていなくても、竜騎士、詩人、学者がPTにいるとクリティカルの価値はあがります。


◇意思力
すべての攻撃によるダメージ、回復による回復量に影響します。
初期値292で最終ダメージ/回復量に1.000倍の補正がかかります。ここから1000上げると最終ダメージ/回復量に1.059倍の補正がかかります。

非常にわかりやすいシンプルな効果です。上げれば上げるほどダメージ量と回復量が直接あがります。感覚的にはSTRやDEXなどを直接上げてる感じに近いです。
ですが、効果は後述のダイレクトヒットより弱いことが多いです。
戦士やヒーラーはクリティカルの2番目に強い傾向にあります。


◇ダイレクトヒット
ダイレクトヒットの発動確率に影響します。
初期値364で発動率0.0%です。ここから1000上げると発動率25.3%になります。

クリティカルと違い、上がるのは発動率だけでダイレクトヒット発動時の倍率は一律1.2倍となります。その代わり、数値あたりの発動率が高いです。ゆえにクリティカルとは逆に、確定ダイレクトヒット系のアビリティなどがあるとその攻撃にはダイレクトヒットが一切意味を成さないことになるので、効果は下がります。4.3現在、戦士のみが該当します。戦士専用の装備につけるのはオススメしません。

基本的には効果が高いですがクリティカルを全振りしていたらクリティカルには負ける傾向にあります。クリティカルを最優先でつけていても、2番目に優先するサブステであることが多いです。
具体的な数値でいうと、ダイレクトヒットとクリティカルの合計が3400以上でクリティカルが2000以上の場合はクリティカルの方が強いです。(クリティカル系バフゼロの場合)竜詩学構成なら、合計3000、クリティカル1800でもクリの方が強かったりします。

が、一つだけ落とし穴があって、回復魔法や回復アビリティにはダイレクトヒットは発生しません。一部の超上級者以外はヒラにはつけないことをおすすめします。(ヒラでも攻撃だけなら意思を上回る)
一部のジョブを除き、ダイレクトヒットとクリティカルの2ステータスが付与されている装備は強いと言えます。


◇スキルスピード/スペルスピード
WSと魔法の詠唱時間とGCDが短くなります。さらにDoTダメージとAAの威力に影響します。
初期値364でGCDはそのまま、他は最終ダメージに1.000倍の補正がかかります。ここから1000上げるとGCDは6.0%短縮され、他は最終ダメージに1.059倍の補正がかかります。

一見、複数項目にまたがっているので強そうなのですが、アビリティによる攻撃に一切効果を成さないことに注意です。
大抵のジョブはアビリティによる攻撃が複数あるので、正直効果は微妙と言えます。AAやDoTにかかる倍率も意思力とほぼ同じなため、だったら意思力をつけた方がましです。一応GCD短縮による効果だけは意思力どころかダイレクトヒットすら上回る可能性を秘めているのですが……。
また、GCDが早くなることにより、MPやTPが切れやすくなるという副作用もあります。さらに、当然スキルスピードはWS、スペルスピードは魔法に対応しているため、WSと魔法をどちらも使うジョブには厳しいです。具体的に言うと、スキルスピードをいくらあげてもナイトのホーリースピリットの詠唱時間は1.5s、GCDは2.5sのままです。

しかしながら調整が必要なジョブがいくつかあります。
代表的なのは戦士で、戦士は原初の解放の10秒間にフェルクリーヴを5発叩きこみたいのですが、これは初期値364では不可能です。ゆえにいくらかスキルスピードをつける必要が出てきます。戦士で言うとGCD2.40s以下になる982は欲しいところです。

また、アビリティによる攻撃が1つもない黒魔道士、ほぼ全てのアビリティがWSで貯まる剣気消費の侍の2ジョブは、SSが強いと言えます。
特に黒魔道士は詠唱キャンセルによるDPSロスが非常に大きいため、詠唱を通しやすいスペルスピードの恩恵が高いです。


◇不屈
すべての攻撃によるダメージと、受けるダメージに影響します。
初期値364で最終ダメージに1.000倍の補正、被ダメージは0.00%下がります。ここから1000上げると最終ダメージに1.046倍の補正、被ダメージは4.60%下がります。

まず不屈はタンクにしか効果がありません。
被ダメージを減少させる唯一の効果を持っていますが、攻撃に対する補正は意思力以下です。
被ダメージだけ減らしたいならこれ一択ですが、攻撃力を上げたければできるだけ避けたいステータスです。

個人的には、主にIDでタンクを使われるのなら優先していいと思います。それ以上の高難度コンテンツに行かれるのでしたら、他のステータスを付与することをおすすめします。
ただし、火力が重要視されない状況(ギミックだけ慣れたい、など)では、もちろん優先ステータスです。


◇信仰
最大MPに影響します。
初期値292でMPは14880(学者は14280)となります。ここから1000上げるとMPは17307(学者は16609)になります。

まず信仰はヒーラーにしか効果がありません。
与ダメージにも回復量にも一切影響しませんが、ヒーラーはMPがなくなってしまうと当然何もできず、攻撃どころか全滅させてしまう可能性すらあるため、自身のプレイスタイルで調整する必要があります。
攻撃には影響しないと書きましたが、MPが足りずに攻撃できる場所でぼーっとしなくてはならない時間がある場合、ある意味意思力やクリティカルよりも攻撃に影響があるとも言えます。
また戦闘中のMP自動回復量は最大MPに比例するため、最大MPが上がると見た目以上に使えるMPは増えます。(3秒毎に最大MPの2%)

おすすめとしては、まずできるだけ信仰寄りにマテリアを調整してみて、自分がクリアできる一番難しいコンテンツを何周か回ってみて、MPが足りていたら意思力やクリティカルにはめなおす、というのがいいと思います。ただし、レンジなし構成だったり事故って複数人死んだり、あるいは自分自身が死んだりと色々な不測の事態に備えるためにも、ある程度余裕を持って信仰は積みましょう。

また、ルーシッドドリームやサリャクの水瓶の自動回復量などには一切影響しません。
アサイズやエーテルフローなどの最大MPに対する割合回復には、もちろん効果があります。

まとめ


DHとクリは強いがその場合は出来る限りクリを上げること。(最低1800以上できれば2000)
ヒラは信仰クリ(or信仰意思)でMP足りていたら信仰を削る。
黒侍は例外的にSSが強いが他ジョブは微妙。 
多少乱暴な意見ですが、これさえ覚えておけばおおよそ大丈夫です。