※結論として○○が一番難しい!と挙げる記事ではありません、日記みたいなものと思って下さい……。
全DPSで一番操作が難しいジョブとは何か、という議題はよく上がります。
おそらく決着がつかないこの論議ですが、自分なりに考えてみました。
20181025001

はじめに


主観を入れて感覚的に考えると、どうしても自分のメインジョブが一番簡単に思えてしまいがちです。(極めている方は逆にメインジョブが一番難しく思うかもしれません)
例えば私はメインキャラは竜、サブキャラは詩人を使用しているのでこの2ジョブは比較的簡単に思えますし、これ以外のジョブはすべて難しく見えます。(ちなみに私の感覚で使ってて一番難しいDPSジョブは機工士です)

一応全DPSは70とは言え、メインジョブはナイトであり各DPSの最低限の回しが出来るに過ぎない私が主観で機工士が難しいです!終了!なんて記事には一切需要がないと思うので、主観を排除して考えてみます。
どのように主観を排除して考えるかというと、アルファ零式全層のLogsのDPS中央値の乖離率から求めていきたいと思います。
上位層、中間層、下位層でDPS各差が大きいジョブ=高DPSを出すのに熟練が必要なジョブ=実戦での操作が難しいジョブ
というかなり乱暴な論理のもとに操作が難しいジョブとは何かを考えて行こうと思います。



以下は、アルファ零式全層における各DPSの具体的な値と乖離率です。
なお、上位層は上位10%、下位層は下位20%のデータです。
右3つの赤いセルはすべて乖離率です。

下位層 中央値 上位層  下位-中央   中央-上位   下位-上位 
 6333.43   6802.15   7526.38  6.89% 10.65%  18.84% 
6366.43 6798.90 7372.77 6.36% 8.44% 15.81%
召喚 6328.92 6725.56 7291.95 5.90% 8.42% 15.22%
モンク 5950.69 6355.26 6954.68 6.37% 9.43% 16.87%
赤魔 5866.83 6244.63 6805.17 6.05% 8.98% 15.99%
機工 5770.97 6143.75 6698.84 6.07% 9.04% 16.08%
詩人 5652.59 6054.83 6639.70 6.64% 9.66% 17.46%
5647.09 6031.00 6590.39 6.37% 9.28% 16.70%
忍者 5646.25 6014.16 6576.32 6.12% 9.35% 16.47%
※データは10月25日現在
赤太字→1位 赤字→2位/3位 黒字→4位~6位 青字→7位/8位 青太字→9位)

こうして表にするまでは全然差がないかなー……と思っていたんですが、そこそこ差があることが判明しました。

特に黒魔が圧巻です。全項目で乖離率が一番高いです。
つまり下位層ー上位層で大きくDPSの割合が変わるのが黒魔ということになります。ここから一番難しいのは黒である、と言い切ることはできませんが、少なくとも一番個人差が出るのは黒魔ということになります。

その次に詩人が続きますが、詩人は竜の有無で火力が大きく変わり、少なくとも上位層の詩人は竜入りのPTが多いのであまり参考にならない……と思っていたのですが、同じ立場の機工士がそこまで差が出ていないと考えると、やはり詩人も個人差が大きいジョブであると言える気がします。詩人はDoTに突耐性ダウンが乗らないので機工よりも耐性の影響は少ないです(と言っても機工と違い詩人は竜のリタニーや学者の連環で結構変わるので、この差はPTメンバーによるもの……という反論は拭い切れませんが)

おもしろいのが侍で、下位ー中央は5位なのに、それ以外は召喚に次ぐ8位に位置していることです。
下位層では火力差がそれなりに離れるのに、上位層では火力差が低い部類になります。

モンクが中間層から急に個人差が出るのはおそらく闘魂回し関連でしょうか。私はまだ慣れておらず紅蓮バーストの時と発勁だましの時しかやりませんが、理論上は疾風で戻せるときは毎回撃った方がいいようです。実際に高DPSのモンクさんの回しを見ると、闘魂旋風脚の使用率が凄まじく高いです。

まとめ


個人差が大きいという意味で、実戦での操作が難しいジョブは、黒/詩人/モンク

中央値からの乖離率で求めるという荒い方法で考えるとこうなりました。

もちろん穴だらけの論理なので、あまり鵜呑みにされないよう……。
極めようとするとどのジョブも難しいのは間違いないです……。
それでは。


【追記】

読み返してみると、メインジョブが召喚士/赤/侍の方の気分を害する記事となってました。
賛否両論になるのも当然です、本当に申し訳ありません。

この記事における真の客観的な観点は乖離率の値のみで、他の私の主張は客観的とは言えないものでした。(難易度のことなど)

記事を消すことも考えましたが、一部の文面を削除しそのまま残すことにいたしました。

誤解を招くような表現をした私の落ち度ではありますが、特定のジョブを使用する方を蔑むような意図はございません。(記事公開時からまとめの項目に記したように、極めるのが容易なジョブは存在しないと思っております)
不快な気分になられた方申し訳ありませんでした。

また、別の観点からのご意見を下さった方や、具体的なデータをご提示して頂いた方、とても参考になりました。おかげで理解をまた深めることが出来ました。本当にありがとうございます。
やはりブログを設立して良かったです。もしよろしければ今後もご意見など頂けるととても嬉しいです。