今更感漂いますが、お次はアルファ零式2層です。
こちらは前編です。


20180923001
※この手のフィールドとしては珍しく、フィールド外縁に触れても何のダメージやデバフもありません。
(ただ正方形にフィールドを区切っているだけ)

※後編はこちら
http://soreeo.info/archives/12443495.html

魔力解放について


最初から最後まで付き合うことになるギミックについてまず記します。
ノーマルアルファ2層でもあったギミックの不可視版です。加えて新パターンが1つ追加されています。


◇魔力供給(回転1回目)

ミドガルズオルムが何の予兆も詠唱もなく、にくるくる回ったあとに以下のメッセージが表示されます。
20180923002
この時点では何の効果もありません。
なお、魔力供給の際、必ずボスが中央に戻ります。


◇魔力解放(回転2回目)

魔力供給の後で、再びにくるくる回ってすぐに不可視の攻撃が起こります。当たると4万ほどのダメージ+被ダメージ上昇デバフ。
2回目の回転から発動まではかなり早いので、2つ目の回転が起こったら即回避行動を取らないとまず当たります。
1回転目と2回転目にどちらに回転が起こったかで攻撃範囲が4通りに変化します。


■1回転目が縦

初回縦の場合は十字か×字に範囲が出ます。

の場合は十字範囲です。
20180923003

の場合は×字範囲です。
20180923004

いずれもボスのターゲットサークルは攻撃範囲内なので、特に近接とタンクは回避しながら殴ろうとしてギリギリを攻めすぎると当たります。


■1回転目が横

初回横の場合は、ボス直下安置のドーナツ型範囲かボス周囲範囲かのどちらかです。
キマイラでおなじみの雷電/氷結の咆哮と一緒です。

の場合はドーナツ型です。ボスのターゲットサークル内が安全地帯。

の場合はボス周囲です。ボスのターゲットサークルから少し離れればOK。


■魔力解放まとめ

 : 十字
 : ×字
 : ドーナツ型
 : 周囲

それでは攻略を書いていきます。

フェイズ1


開幕の固定位置は中央、と言ってもすぐに魔力供給をするので中央に勝手に移動してくれます。

◇魔力解放(×字)

先述したスキルです。
初回の解放は必ずで、×字型に範囲が発生します。


◇アク・モーン

七大天竜お得意の必殺技、当然お父さんのミドガルズオルムも使用します。
ここのアク・モーンは全員で頭割する攻撃が4連続で来ます。ボス背面で全員で頭割をしましょう。8人で割ってもかなり痛いので要カウンターヒール/軽減。


◇魔力解放(周囲)

アク・モーン直後にやってきます。ここも確定での魔力解放なので離れて回避します。
正確なタイムラインを言うと、魔力供給(横)→アク・モーン→魔力解放(横)という流れで来ます。

今後の魔力解放は、基本的に魔力供給と魔力解放の間になにか1つ別行動が挟まります。きちんと1回転目がどちらだったか覚えておきましょう。


◇テイルエンド

ヘイト1位対象の単体強物理攻撃。
言葉が汚くなって申し訳ないですが、マジでクソ痛いので要軽減。ちなみに忠義剣のみのノンバフで10万ダメージです。AAも重なるので最低でも50%以上軽減したいところ。
物理DPSは牽制を交互に撃てればイケメンです。


◇アースシェイカー+魔力解放

魔力供給(横)の後に全員にマーカーが表示され、それぞれに回避不可の直線範囲攻撃が起こります。2回当たると基本的に死ねるダメージなのでボスを中心として8方向に散開して1本ずつ受ける必要があります。
これだけなら簡単なのですが、シェイカーと同時に魔力解放が発生します。ここの魔力解放はもしくはつまり離れるか近づく必要があります。
ゆえに、以下のように処理しましょう。

20180923005
(青色の円はボスのターゲットサークルです)

ボスのターゲットサークルの外縁で上図のように散開して2回目の回転を待ちます。
もし2回目の回転が縦ならこのまま待機、横なら矢印の方向に移動してシェイカーを受けます。


◇サンダーストーム+魔力解放

魔力供給(縦)の後にDPS全員にラムウの時と同じようなマーカーが付与されます。
20180923006
対象者を中心とした範囲攻撃で散開が必要ですが、またまた魔力解放と同時発生するので以下のように処理します。なおここの魔力解放は初回縦確定なので、十字か×字のどちらかが来ます。

20180923007
↑ 2回目の回転がの場合(十字)

20180923008
↑ 2回目の回転がの場合(×字)

2回目の回転から発動までの時間がシビアです。
あらかじめどちらにでもすぐ行ける位置で戦闘していましょう。
なお、DPSが死んでいなければサンダーストームがタンクヒラにつくことはないので、タンクヒラはどの位置でも問題ありません。


◇天地開闢

タンクの片方に天の厄災、もう片方に地の厄災というデバフを付与します。天地開闢の詠唱の度につくデバフが再抽選されます。
どちらのデバフがつくかは、天地開闢の詠唱中に自身に発生するエフェクトで判断できます。
20180923013
この茶色のエフェクトなら詠唱完了時に自身に地の厄災が付与されます。青ければ天の厄災です。

ボス(と雑魚フェイズ中の雑魚ドラゴン)には常に天の力地の力のどちらかのバフがついています。
20180923012
(↑の青いバフが天の力
早い話が、飛んでいる敵には天の力、地面に足をつけている敵には地の力がついています。フェイズ1のミドガルズオルムは常に飛んでいるので天の力がついています。

同じ色のバフの敵からAAを受けると解除不可の死の宣告がついて数秒後に即死します。
天の力持ちのボスの攻撃を、天の厄災をもっているタンクが受けてはいけないということです。

したがって、フェイズ1では天地開闢詠唱中に地の厄災がついた方がMTとなります。
STに地の厄災がつくのなら、スイッチする必要があります。

どっちにどの色がつくかはランダム天地開闢で色が入れ替わるとは限らない(同じ色が再びつくこともある)という2点の性質から、単純に天地開闢の詠唱があるからと言って確認せずにスイッチしてはいけません。
必ず自分にどの色がつくのかをエフェクトで確認してからスイッチの有無を判断しましょう。
ボスと違う色が自分についたら挑発です。


◇ノーザンクロス+魔力解放

魔力供給(横)の後にノーザンクロスを使用します。
全体10000強ダメージのあと、フィールド全面が凍結し移動すると滑るようになります。

その後、床が凍結している中で魔力解放を避ける必要があります。ここは初回横なので、近づくか離れる必要があります。
ボスのターゲットサークル内でノーザンクロスを受け、2回目の回転が縦ならその場待機、横なら外周に向かって滑る、という戦法が一番いいと思われます。


◇フリージングダスト

タンク以外の2人を対象として、その2人に円形範囲攻撃が発生します。
対象者には青いマーカーがつきます。ここでの対象者はヒーラー2名
20180923009
着弾後、踏むと凍結が付与されるエリアが発生するので着弾後素早く離れる必要があります。
なお、この凍結エリアは時間経過で広くなっていきしかもしばらく残ってしまうので変な場所に捨てるとギミック処理の邪魔になります。図のように四隅のいずれかに捨てましょう。


◇アク・ラーイ

DPSから2人を対象として、発動時に対象者がいた地点に向かって円形範囲攻撃を連続で発生させます。
20180923010
初撃は回避不能ですが、2発目以降は移動すると回避できます。
アク・ラーイが2本重なると危険なので、アク・ラーイ詠唱中は散開気味に戦う必要があります。
できればアク・ラーイ詠唱中から移動し続けると2発目以降の回避が容易です。


◇ホリッドロア+魔力解放

魔力供給(横)の後にホリッドロアを使用します。

ホリッドロア自体は全員を対象とした予兆も見える円形範囲攻撃なので回避は容易ですが、魔力解放と同時に発生するため、変な場所に発生させると回避が困難になります。なお、ここの魔力解放も初回横なので近づくか離れる必要があります。

そこで、アク・ラーイが終わったらMT以外の全員がボス背面に集合し、ホリッドロアの範囲を重ねます。
20180923011
そして2回転目が縦ならボスのターゲットサークル内、横ならサークル外へ移動して回避します。なお、この時点でまだフリージングダストの凍結エリアが残っているので、サークル外へ回避する時は注意が必要です。



フェイズ2(雑魚フェイズ)


◇エンシェントドラゴン×1 竜の楔×7 出現

20180923014

中央にエンシェントドラゴン、それを取り囲むように竜の楔がPOPします。
ミドガルズオルムエーテルが100になる前にこれら全員を倒さないとワイプするDPSチェックの時間です。

竜の楔は無敵状態の大きいもの破壊可能な小さいものがあり、小さい竜の楔から破壊します。小さい楔を破壊すると線で繋がれた大きい楔が小さくなってダメージが通ります。
全ての楔を破壊するとエンシェントドラゴンの無敵が解除され、倒せるようになります。


なお、エンシェントドラゴンは飛んでいないので地の力がついています。嫌らしいことにミドガルズオルムのヘイトを引き継いだ状態でPOPする(地の厄災持ちのタンクがヘイト1位の状態でPOPする)ので、天の厄災持ちのタンクがエンシェントドラゴンが湧いたら即挑発してエンシェントドラゴンのタゲを持ちます。

本来エンシェントドラゴンは出現後少しだけ動くのを待ってくれますが、誰かが攻撃したりするとヒット後即動き出すのでこの場合挑発が少しでも遅れると地の厄災のタンクが死にます。
具体的にいうと、召喚士のイフエギと機工士のタレットの攻撃、詩人のレクイエム、召喚士や学者や暗黒の設置AOE……などが出現直後のドラゴンに当たると、待機時間ゼロで地の厄災のタンクに向かいます。
なので安全のためにも、地の厄災のタンクはAAまでの時間を少しでも稼ぐためフィールドの四隅で待機し、逆に天の厄災のタンクはフィールド中央にて待機し即挑発が出来るようにしましょう。

また、エンシェントドラゴンはかなり痛い無詠唱の前方範囲攻撃をしてくるので、外周に向けて固定する必要があります。


◇魔力障壁

エンシェントドラゴンを倒すと、回避可能な円形範囲攻撃の後に白いフィールドを生成します。
20180923015
この上に乗ると、乗った人1人に魔力障壁というバフが付与されます。

魔力障壁の効果は以下の通りです。

・100万ダメージほどまでを軽減するバリア(わかりやすく言うと、効果量約100万の鼓舞)
・魔力障壁を持った人が誰かに触れると受け渡すことができる、受け渡した場合、魔力障壁をもともと持っていた人にはもう渡せなくなる


いろいろなやり方がやりますが、当ブログでご紹介する方法だと、まずここでもともとのMTがこの魔力障壁を取ります。(例:戦ナで最初のMTが戦なら、現在のミドガルズオルムのヘイトに関係なく戦士が取る)

魔力障壁は誰かに触れた時点で移ってしまうので、しばらくの間、魔力障壁を持っている人は誰にも触れてはいけません。少し離れた場所で待機しましょう。

後のフェイズにて詳しく説明します。


◇プロトスター

履行技。
履行技にしては珍しく3段ヒットします。その分威力が高いのでしっかりカウンターヒールを入れましょう。
ちなみに一切の軽減とバリア、カウンターヒールがない場合、23000ダメージ×3くらいの計7万ダメージが全体に入るため、まず死にます。ダメージの発生間隔は1秒おきほどです。


◇ホリッドロア+サンダーストーム+カータライズ

極ニーズヘッグとほぼ同一のスキルです。

まずプロトスターが終わったら魔力障壁持ち以外の7人はフィールド中央に集合します。
20180923016
その後、ホリッドロアとサンダーストームのAoEが出現し、外周いずれかにミドガルズオルムが出現するので、ホリッドロアとカータライズを避けつつ、ストームを1枚ずつ受けます。

20180923017

カータライズは(おそらく)南以外のいずれかの方位から発生します。ミドガルズオルムがフィールド外周に出現し、出現位置からまっすぐ突進してきます。およそフィールド半面が範囲となります。
サンダーストームはDPSとヒラのうち4名につきます。回避不可。
ホリッドロアはDPSとヒラの足元に発生します。移動すれば回避可能です。

いずれもランダム発生なので散開位置などを決めておけません。
フィーリングで回避しましょう。散開時に魔力障壁持ちのタンクの近くによらないように注意です。

これら一連の流れのあと、もう一度同じギミックが来るので、再び中央に戻って待機してください。
サンダーストームは同じ人が対象になることもあるので要ヒールです。あまり立ち止まって詠唱してる暇はないのでインスタントの範囲ヒールをおすすめします。


なお、魔力障壁のバリア効果でカータライズに当たってもダメージ0となりますが、魔力障壁は先述の通り無敵スキルではなく一定量のダメージまでを軽減するバリアです。
カータライズのダメージを0にするとバリアの耐久度が減ってしまい後のフェイズのギミック処理が破綻してしまうので、魔力障壁持ちタンクもカータライズは回避が必要です。


※後編はこちら
http://soreeo.info/archives/12443495.html