今更感漂いますが、とりあえずアルファ零式1層です。



20180920001
※外周に柵は無く、普通に落ちます(当然即死ですが蘇生は可能)

基本行動


行動パターンが2種類あるので表記を変えます。
基本行動→四属性行動→履行フェイズ→最終フェイズと記します。

実際は 属性行動2パターン→履行→属性行動2パターン→最終 のように進行します。


◇ダミングイーディクト

詠唱あり不可視直線超広範囲魔法攻撃。当たると命は無いです。
向き直って詠唱を始めるので、後ろに回りこめば回避可能です。


◇ヴァーティカルインプロージョン / ホリゾンタルインプロージョン

詠唱あり不可視扇状2連続範囲魔法攻撃。当たると大ダメージ+被魔法ダメージ上昇デバフ
2種類あり、大抵ランダムにどちらかを使用します。ノーマルで使ってきた同名スキルの不可視版です。
ヴァーティカルの場合は前後扇型→左右扇型の2連続攻撃
ホリゾンタルの場合は左右扇型→前後扇型の2連続攻撃
攻撃間隔が狭いので、爆風が見えたらすぐにかけ込まないと2発目に当たります。

20180920002
(図は前後扇型の場合です、左右の場合はこの安地を丁度埋めるような攻撃が来ます)

なお、スキル名で判断しなくともモーションでも判断することができます。
詠唱時にカオスの前の両手が光ればヴァーティカル、後ろの両手が光ればホリゾンタルです。
カオスの背面にいる場合、後ろの両手が光れば背面→側面に移動すると回避できます。


◇カオティックディスパージョン

ヘイト1位対象の単体物理強攻撃です。
被物理ダメージ上昇デバフがつくので、この攻撃が来るたびにタンクスイッチが必要です。
当然めちゃくちゃ痛いので要バフ、物理攻撃なので受け流し有効です。なおインビンはダメージは無効化しますがデバフはついてしまうのでインビン受け時も要スイッチ。


属性行動


先述の通り初手のスキルによって2パターンの行動に分岐します。

初手ダミングイーディクトの場合は、ほのおたつまき履行つなみじしん
初手インプロージョンの場合は、つなみじしん履行ほのおたつまき

いずれにせよ、ほのおとたつまき、つなみとじしんはセットです。


■ほのおフェイズ

◇ほのお

40000ダメージくらいの全体魔法攻撃。
このスキルでフィールドが円形に狭くなります。燃えている部分に触れると強DoTが付与されます。

20180920003

ほのおが着弾すると全員に混沌の炎というデバフが付与されます。
20180920004
このデバフが切れた瞬間に爆発して自分の周囲円形範囲にノックバック攻撃をまき散らします。(本人はノーダメージ)
ゆえに誰も巻き込まないようにカウント0が近づいたら散開して処理する必要があるのですが、デバフの切れる時間に差があります。先にタンクヒラが4人同時に爆発し、次にDPSが4人同時に爆発するので以下のように処理します。
20180920005
この散開でまずタンクとヒラが混沌の炎のデバフを誰も巻きこまない位置で捨てます。DPSはど真ん中に待機して巻き込まれないようにしましょう。

20180920006
続いてDPSも同じように散開して爆発します。タンクヒラは真ん中に移動しましょう。


◇ヴァーティカルインプロージョン / ホリゾンタルインプロージョン

開幕と同じスキルです。どちらが来るかはランダム。
タンクヒラの爆発とDPSの爆発の間に来るので、流れとしては タンクヒラ爆発を捨てる→インプロージョンを回避→DPS爆発を捨てる という感じになります。


◇ほのお

2発目のほのおで効果は全く同じ。
今回も混沌の炎の爆発はタンクヒラ→DPSの順で起こります。同じように処理すればOKですが、タンクが入れ替わっているので今度はもともとのMT(現在ST)が南へ行きます。


◇着弾せよ(頭割)

タンクヒラ4人全員に頭割マーカーが発生します。それぞれがDPS1人と2人ずつ頭割をします。
タイミング的にはタンクヒラ爆発→着弾せよ→DPS爆発 となりますので、ほのおの散開図通りの位置で頭割をすれば問題ありません。(例えば上図散開なら白と忍者が西端で2人で頭割を受ける)
なお、後のギミックのために出来るだけ頭割は炎の縁ギリギリで行います。


◇突出せよ

着弾せよで頭割した位置に円形小範囲攻撃を起こします。
外周付近で頭割がきちんと出来ていれば中央にいるだけでなんの問題もありません。.


◇追尾せよ(直線範囲)

フィールドに4つ球体が発生してそこから直線範囲攻撃が飛んできますが、予兆が見えるので回避はたやすくしかも当たってもデバフすらつかない優しい攻撃です。
20180920007
なお、今後のフェイズは基本的に着弾せよ→突出せよ→追尾せよはセットで来ます。


■たつまきフェイズ

フィールドから炎が消えた段階でMTはボスを北に寄せます。


◇たつまき

40000ダメージくらいの全体魔法攻撃。
このスキルでフィールド中央に竜巻フィールドが生成されます。竜巻に触れると強DoTが付与されます。
20180920008
今回は混沌の風がタンクヒラに、混沌の逆風がDPSにつきます。
このデバフは時限爆弾のようなデバフで、カウント0までに解除できないと自身に大ダメージを与えます。解除する条件はノックバック攻撃を受けることですが、このフェイズでは全体ノックバックが必ず発生するので意識せずとも解除できます。あえて解除しなければならないのは履行フェイズ中です。またこの理由から堅実魔などのスキルは使用禁止です。
詳しい効果は後述します。


◇アンブラスマッシュ

(おそらく)フィールド四隅のうち、カオスが今いる位置から一番遠い隅からの予兆ありの距離減衰攻撃。
わざわざ一番遠い位置から距離減衰ダメージが来るのでそこまで急いで離れる必要はありません。むしろ離れすぎると次のギミック処理がきついので距離を取りすぎると危険です。
この攻撃でカオスが予兆先まで飛びます。


◇竜巻からのノックバック+ダミングイーディクト

20180920009
フィールドの竜巻から矢印のような予兆が表示され、中央からダメージなしのノックバック攻撃が発生します。
普通だと外まで吹き飛ばされるほどの強いノックバックですが、先述の混沌の風/混沌の逆風ノックバック距離の軽減が可能です。

混沌の風(タンクヒラ)→竜巻に背を向けることでノックバック距離を軽減します
混沌の逆風(DPS)→竜巻の方を向くことでノックバック距離を軽減します

しかしここでボスから直線即死範囲のダミングイーディクトが飛んでくるので以下の図のように処理します。

20180920010

・A地点で戦闘しているはずなので、A地点でアンブラスマッシュを受ける
・竜巻から予兆発生。全員で急いでB地点に移動する
・竜巻からノックバックが発生(混沌の風/逆風処理)B地点からC地点の方向に飛ばされるのでそのままボス背面に移動してダミングイーディクトを回避する

逆サイド(南西ではなく南東側)にボスが飛ぶこともあり得ます、その場合は左右対称に動いて下さい。
これが終わってもボスはこのままの位置で戦ってOKです。MTは戻す必要はありません。


◇たつまき(2回目)

デバフやダメージの仕様は1回目と同じです。


◇竜巻からのノックバック+着弾せよ(距離減衰)

ノックバックは1回目と同一ですが、今度は着弾せよとの同時攻撃になっています。
ほのおの時と同名スキルですが、頭割ではなくヒーラー2人を対象としてそこからの距離減衰ダメージです。
20180920011
いつものマーカーもつきます。

ゆえにヒラ2人は他6人と同じ位置で受けるわけにはいきません。
下図のように散開しましょう。
20180920012
あらかじめ北と南で散開を決めておいた方がよいでしょう。
散開に気を取られてノックバック処理(タンクヒラは竜巻に背を向けて、DPSは竜巻の方を向く)を忘れないように注意です。


◇突出せよ

着弾せよが爆発した位置に円形範囲攻撃を起こします。
DPSとタンクは何もせずとも回避可能です、ヒーラーは素早く皆のいる位置まで戻りましょう。


◇追尾せよ(単体強攻撃)

突出せよで爆発した位置に球体が発生し、その球体が単体強魔法攻撃を行います。
20180920016
対象者は球体と赤い線で繋がりますが、この線は誰かが横切ることで奪うことが出来ます。
タンク2名が1本ずつ線を取ってバフをかけて受けます。
MTが北の線、STが南の線を取るでいいと思います。なお、ランパート+シェルトロン+忠義剣で50000弱ダメージでした。

なお、この線は今までの同じようなギミックと違い、1人が2本の線を奪えます。
従ってSTが2本取って無敵スキルで耐える方法もありです。
実際にナイトで2本取りをやってみましたが少し時間がシビアなので2本取ってからインビンすると間に合わない可能性が高いです(というか間に合わなかった)出現と同時に1本目取る→インビンしながら走る→2本目取るで安定します。

たつまきフェイズが終わるとボスは勝手に中央に移動するので、MTは特に誘導の必要はありません。



■つなみフェイズ

おそらく距離減衰である着弾せよが南確定で発生するので、このフェイズが始まる時に出来ればMTは北に誘導して下さい。

◇つなみ

40000ダメージくらいの全体魔法攻撃。
このスキルでフィールドが長方形状に狭くなります。水のエリアに触れると強DoTが付与されます。
20180920014
今回のデバフは混沌の水です。
20180920013
このデバフが切れた瞬間に爆発して自分の周囲にドーナツ型の攻撃をまき散らします。
ドーナツ型なので全員が同じ場所にいることでノーダメージでしのぐことができます。
このデバフも混沌の炎のようにロール別に時間差で爆発しますが、とにかくカウント0の時に全員が同じ場所にいれば大丈夫なので深く気にしなくていいです。


◇アンブラスマッシュ

たつまきの時と同じく距離減衰ダメージです。おそらく発生は南確定です。
今回はしっかり距離を取らないとかなり痛いです。
この着弾と同時に1回目の混沌の水が爆発します。
この攻撃でカオスが予兆先まで飛びます。


◇ダミングイーディクト

飛んだ先ですぐに詠唱を始めます。
アンブラスマッシュの着弾後、急いでカオスの背面まで移動します。
この発生と同時に2回目の混沌の水が爆発します。

ここで2回目のつなみに備えてMTはボスを真ん中に戻します。


◇つなみ(2回目)

1回目のつなみと同一です。


◇着弾せよ(距離減衰)

距離減衰版の着弾せよです、今回も対象はヒーラー2名です。
MTが中央に誘導してくれているはずなので、南北に別れて散開します。
20180920015
残りの6人はしっかり1ヶ所に集まりましょう。
これで自然に水爆発を回避できます。


◇突出せよ

着弾せよが爆発した位置に円形範囲攻撃を起こします。
着弾と同時に2回目の水爆発が起こるので、全員中央で1ヶ所に集まります。


◇追尾せよ(単体強攻撃)

例によって3点セットの最後はこの攻撃です。タンクが1本ずつ線を取ってバフで耐えます。



■じしんフェイズ


フィールドから水が消えた段階でMTはボスを北に寄せます。

◇じしん

40000ダメージくらいの全体魔法攻撃。このスキルでフィールドの南半分が土に覆われます。土のエリアに触れると強DoTが付与されます。

今回のデバフは混沌の土/混沌の泥土です。
20180920017
どちらも言うならば時限爆弾のようなデバフでカウント0までに解除できないと即死します。

混沌の泥土(タンク/ヒラ)→被回復量ダウン+HPを全快まで戻すと解除
混沌の土(DPS)→被回復効果無効+被ダメージダウン+即死ダメージを受けると解除(死なずにデバフが解除されHPが1残る)

したがってまずヒーラーはじしんの着弾後にタンクとヒーラーのHPを全快まで戻す必要があります。


◇吹き飛ばし+ヴァーティカルインプロージョン/ホリゾンタルインプロージョン

20180920018
フィールド北側から矢印の予兆線が出現し、ダメージ無しでノックバックされます。
南側のDoTエリアに入らないように北側で待機してノックバックを受けましょう。
その直後にどちらかのインプロージョンをして来ますが、DPSはあえてインプロージョンを2発とも受けることで混沌の土を解除します。
もちろんタンクとヒーラーはきちんと回避しましょう。


◇じしん(2回目)

1回目のじしんと同一です。
同様にここでタンクヒラのHPを素早く戻すことで混沌の泥土を解除します。


◇吹き飛ばし+着弾せよ(頭割)

ノックバックは1回目と同じですが、ノックバック直後に頭割攻撃が来ます。
頭割はほのおの時と同一で、2人ずつ受けます。ノックバックしてから散開する時間はないので、あらかじめペアで散開してからノックバックを受けます。
下図のように北で散開しましょう。

20180920019


◇突出せよ

着弾せよが爆発した位置に円形範囲攻撃を起こします。
DPSは全員あえてこれを食らって混沌の土を解除します。


◇追尾せよ(直線範囲)

フィールドに4つ球体が発生してそこから直線範囲攻撃が飛んできます。ほのおフェイズと同一です。
避けるだけです。


履行フェイズ


2属性分の属性フェイズが終わったらこれに移行します。


◇バウル・オブ・アゴニー

全員のHPを1にし、さらにロール毎に4属性のデバフをつけるというバーゲンセールのような全体攻撃です。これを撃った後カオスはフィールド外で履行技の詠唱を開始します。
付与されるデバフは下記の通り。

タンク/ヒラ → 混沌の水混沌の風
DPS → 混沌の炎混沌の土

これら4属性を以下のように処理します。

20180920020
1. タンクヒラのHPを混沌の炎で死なない程度(20000ほど)まで戻して上図のように散開
2. DPSの混沌の炎をそれぞれ上図のようにタンクヒラにあててタンクヒラを吹き飛ばす(タンクヒラは外周の方を見て背中から混沌の炎を受けてノックバック距離を軽減する)これで混沌の風は解除される
3. 吹き飛んだあと、タンクヒラは少し戻って今度は自分を吹き飛ばしたDPSに混沌の水をあてる。これで混沌の土が解除される

なお、炎散開をそのまま使える十字式で説明していますが、この部分はクロス式(×式)というやり方もあります。
クロス式は上図散開を45度ずらしたやり方です、混沌の炎のノックバックでタンクヒラが落ちにくくなるという利点があります。

また、注意点としてここでバリアヒールはしない方がいいです。
3の工程において混沌の水でHP1のDPSに即死ダメージを与えますが、混沌の水は5000にも満たないダメージです。回復効果無効のデバフが付く前に士気やアスヘリなどがかかると混沌の水のダメージが0となり、混沌の泥土のデバフが解除できなくなります。(一応DPS側がバフ欄を右クリックしてバリアを消せば対処可能です)


◇黒水晶POP

バウル・オブ・アゴニーの直後から中央に黒結晶という敵が湧きます。
20180920021
黒水晶の魔力が100になる前に倒せないと時間切れです、いわゆるDPSチェックです。
上記の属性処理中も殴れるのでギミック処理に夢中になって手を止めないように。


◇ソウル・オブ・カオス

履行技。
黒結晶の魔力が100未満ならば耐えられます、100の場合は999999ダメージという素敵な数字が拝めます。



最終フェイズ


最終フェイズと言っても非常に短く、時間切れフェイズと言う方が正しいかもしれません。
これに移行するまえに10%以下までカオスをHPを削っておきたいところ。


◇ほのお

全体40000程度のダメージ+全員に効果時間6秒の混沌の炎を付与します。
全員が同じタイミングで爆発するため要散開ですが属性フェイズと異なりフィールドは狭くなっておらず、混沌の炎の範囲も狭いので厳密に散開位置を決めなくてもなんとかなります。


◇つなみ

全体40000程度のダメージ+全員に効果時間6秒の混沌の水を付与します。
ボス直下に集合して回避します。


◇たつまき

全体40000程度のダメージ+全員に効果時間6秒の混沌の風を付与します。
6秒間にノックバックする攻撃が来ないので解除不可です。6秒後に40000ダメージ強+ダメージ低下の追加攻撃が発生すると思っていてください。
なお、風デバフの爆発は他人を巻き込まないので、わざわざ散開しなくても大丈夫です


◇じしん

全体40000程度のダメージ+全員に効果時間6秒の混沌の泥土を付与します。
全員を6秒以内にHP全快まで戻せば解除可能です。
混沌の風の全体ダメージ+じしんの着弾ダメージ+被回復量低下(おそらく半減)で全快まで戻すことは困難なので火力がギリギリの場合このじしんには出来る限りの軽減と回復量アップ効果をブチ込みたいところ。解除に成功すれば制限時間が15秒弱伸びます、1%を削りきるには十分な時間です。



◇バウル・オブ・アゴニー

999999ダメージのいつものワイプ技。
これを迎える前になんとしても削りきりましょう。



少々長くなってしまいましたが、参考にして頂けたら幸いです!
一応マクロもご用意しました。
表示が崩れていますが、そのままコピペすればちゃんと表示される……はず。

/p ・ほのお/履行
/p                    MT/D3
/p     H1/D1                 H2/D2
/p                     ST/D4
/p ・じしん
/p     H1     MT     ST     H2
/p     D3     D1     D2    D4
/p ・つなみ/たつまき    
/p  H1→北  H2→南
/p ・追尾せよ(タンク)    
/p  MT→北  ST→南