ILシンクがかかるとマテリアが全て無効化されてしまうため、一般的に最高IL装備よりも適正IL装備の方が強くなります。
では、本気でエウレカに特化した装備を用意した場合、一般的なナイトと比べてどこまで火力が出るのかを計算してみます。
※ユニーク装備は今回計算には入れません
20180828001


はじめに


そもそもなぜIL300シンクがかかると羅漢装備が最強になるのかと言うと、ILシンクのかかった装備はマテリアが無効になる仕様のせいです。

20180828002
ダイヤ・キャスターローブと羅漢胴着を例に取ります。
ダイヤ・キャスターローブがIL300シンクを受けると、羅漢胴着と同じVIT/INT/サブステ上限値まで下げられます。
20180828003
つまり、ダイヤ・キャスターローブはVIT+203 INT+220 クリティカル+202 ダイレクトヒット+233の装備となります。クリティカルはサブステ上限233に達していないので202のままになります。

このままではダイヤ胴の方がサブステ39だけ強い(202-163=39)のですが、ILシンクがかかると問答無用でマテリアが無効化されます。つまり、羅漢胴にはこれにハイジャ2つ(サブステ+80)が刺さるので、サブステ41だけ羅漢胴の方が強くなります。

従ってタンクに限らずどのジョブでも基本的に羅漢装備が強くなります。(羅漢装備のサブステによっては、サブステが多少落ちてもシンク装備の方が強いこともあります)
これに加えてタンクの場合はアクセサリーの剛力ハイジャが無効化されるのが大きな差を生みます。

ダイヤアクセのSTRは僅か44で、インペリアルジェードアクセとの差は7しかありません。
後者には剛力ハイジャが付くので、ダイヤアクセと比較して1部位あたりSTRが18ずつも高くなります。IL300シンクだとSTRは1700程度しかないのでSTR90も差が出るとかなりの差になります。


計算



ではさっそく計算してみましょう。
シンク装備はDH特化IL363、羅漢装備は以下のようにしました。

20180828004



 シンク装備 羅漢
STR16961791
意思力15461289
不屈765929
スキルスピード650879
クリティカル17361301
 ダイレクトヒット 3641264
 シンク装備とのダメージ比 - +9.14% 

というわけで、羅漢+IL290フル禁断で10%弱も火力が上がることになります。
しかしながらエウレカのためだけにDHフル禁断はややお財布に厳しいので、羅漢アクセだとどうなのかを計算してみました。(片方の指輪はインペリアル)こちらはシンク装備と比べて約7%ほど強くなる計算です。

一応エウレカはあと2つ実装が予定されていて、キャシーイヤリングなどもIL300で実装されているので、次のエウレカもIL300シンクである可能性が高いです。
エウレカ用の禁断アクセを用意するのはやりすぎかもしれませんが、70ルレなどで回収できた羅漢装備にマテリアをはめるのはあり……かもしれません。一式用意しておけば次のエウレカでも使える可能性が高いです。(ただ、PTではタンクにあまり火力は要求されないため、主にソロ用の方向けかもしれません)



おまけ


DPSやヒラの場合はどうなのか、というのを簡易的に計算してみます。
まず、タンクであれほどの差が生まれたのはほぼアクセの剛力ジャ無効化のせいです。メインステータスが5%強も上がれば差は歴然となるのは当然です。
従って、DPSやヒラではあれほどの差は生まれません。

全てIL370装備をしていてIL300にシンクされた場合、装備のみのサブステ合計値は3348となります。
羅漢装備にハイジャを全て刺した場合のサブステ合計値は3759です。
つまり、シンク装備から羅漢一式に乗り換えると約400ほど(ハイマテリジャ10個分)のサブステ上昇が見込めます。

400のサブステによる火力差はジョブや上げるステータスにもよりますが、おおざっぱに計算して大体2.0%~2.5%程度となります。

従って、DPSやヒラでも強ステの羅漢装備を持っていれば専用のギアセットを組む価値は一応……あるかもしれません。