知っても何の得にもならないと思われますがトリビア的に思って頂けたら……。

20180809001


はじめに

20180809003
パゴス・エレメンタルに近づくと、獲得経験値上昇のバフと与ダメージアップ+リジェネ効果のバフの計2つのバフを1時間付与してくれます。(実質3種類のバフが付与される)
ではこの3つのバフがどのように作用するのかを検証してみます。


検証


■獲得経験値上昇の検証

20180809002
検証しなくても一目でわかるのですが、上昇倍率は10%です。
NMの経験値や攻略手帳の経験値は一切あがりません。
また、この倍率はもともとの経験値量にかかる倍率です。例えば素の経験値1000の敵を30チェイン目に倒すと補正が入って4000の経験値がもらえますが、妖精バフはこれをさらに10%上昇させて4400にするのではなく、もともとの経験値の10%分である100を加算し4100の経験値がもらえることになります。


■与ダメージアップの検証

素の状態と、妖精バフがついた状態の2パターンで全く同じ敵に赤魔道士のジョルラをぶつけ続けて得られたダメージの区間を計測します。

- 最低  最高 
54165976
 妖精バフ 59676563

得られた区間より補正倍率の真の値の区間を求めると、9.36%~10.64%という区間が得られます。
おそらく補正倍率はキリのいい数字を使っていると想定されるので、補正倍率は10%でしょう。


■リジェネの検証

まず、ダメージを受けていないHPが満タンのときに一切のリジェネ効果が発生しません。
FF14のリジェネ効果はたとえ100%オーバーヒールでもきっちりフライテキストが出るため、HPが満タンの時にはリジェネ効果は発生しないと言えるでしょう。

さらに、効果中に戦闘してみると、どうやらHPが減っていれば減っているほど強力なリジェネ効果が発生するように思えます。

なので装備の着脱で一時的にHPを落として検証してみます。
ひとまず最大HPが27301である赤魔道士で計測してみました。

 HP量  最大HP比  回復量  回復量の最大HP比 
848831.1%18816.89%
1121841.1%16095.89%
1309948.0%14205.20%
1555657.0%11744.30%

まず検証してみてわかったのが、回復量がランダムではないという点です。
武器のみIL300で他装備無しのときHP8488になるのですが、HP8488の場合必ず1881という回復量となりました。
つまり、何かに依存した固定量のリジェネがかかっています。

ここで回復が発生した時点のHPの最大HP比率と、回復量の最大HP比率に着目してみると……失ったHP(最大HP-現在HP)の10%を固定で回復していることがわかります。
現在HPが8488の場合、最大HP27301と現在HPの差は18813であり、回復量1881は丁度この数値の10%です。

最大HPに依存するということはタンクには大きな効果があるということになります。
念のため最大HPが43299である暗黒騎士で計測してみると以下のようになりました。

 HP量  最大HP比  回復量  回復量の最大HP比 
1120025.9%32097.41%
1552935.9%27776.41%
1873843.3%24565.67%
2263552.3%20664.77%

こちらも、最大HPと現在HPの差の10%を固定で回復しています。


結論


パゴス・エレメンタルのバフを受けると、以下の効果が1時間発生する。

・雑魚討伐時の獲得エレメンタル経験値が10%上昇
・与ダメージ10%上昇
・3秒毎に最大HPと現在HPの差の10%分の回復効果