リクエスト検証第1弾です。属性値とELはどれくらいダメージに影響するのかを検証してみました。
パゴス編が明日来ますが、仕様が変わっていなければ同じな……はずです。

属性値の検証



EL20で属性値がどれくらい与ダメージと被ダメージに影響するのかを調べてみます。
20180806001
EL20の魔晶石なしの属性値は253です。
ここから魔晶石を1個ずつはめていって検証をします。


◇与ダメージの検証

EL20のオールドワールド・ズーに魔晶石が0個~5個の状態でジョルラを撃ちつづけます。
得られたデータは以下のようになります。


 属性値  与ダメージ平均 
2535726
3237302
3848710
4359876
47510645
50611454

20180806002

すこしいびつですが、おそらく一次関数であると推測されます。

EL253と506の数値に着目すると、属性値が2倍になると与ダメージも2倍になっていることがわかります。
つまり、単純に属性値が1%上がると与ダメージは1%あがる正比例状態であると考えられます。

従って、計算上の属性値の初期値が100であると推定するのなら、属性値が1あがる毎に与ダメージが1%上がると言えます。(EL1の属性値が100であるため)


◇被ダメージの検証

EL20のオールドワールド・ズーから魔晶石が0個~5個の状態でAAを受け続けます。
得られたデータは以下のようになります。


 属性値  与ダメージ平均 
2533802
3233239
3842735
4352332
4752010
5061759

20180806003


こちらも一次関数であると推測されます。

このグラフから、初期値が100であるとすると100のときの被ダメージは5038ダメージほどであると推定できます。
ここから求めると、大体属性値1毎に0.160%軽減していることになります。

従って、計算上の属性値の初期値が100であると推定するのなら、属性値が1あがる毎に被ダメージが0.160%下がると言えます。


これらから、EL20の状態で魔晶石を5つつけた場合の補正値は以下のようになります。
攻撃属性5の場合、与ダメージは200%に上昇する。
防御属性5の場合、被ダメージは54%ほど軽減される。
おおざっぱに言うと、攻撃なら倍になり、防御なら半減される、と思って差し支えないと思います。

ELの検証


続いて、EL自体がどれくらいダメージに影響するのかを調べます。
おそらく、エウレカ内ではELのレベル差による補正が非常に大きく出ていると考えられます。
以下、EL20の状態でEL15~24の敵にジョルラを撃った場合の与ダメージのグラフです。

20180806004

曲線を描いていて、ELが離れるほどに与ダメージは大きく変化します。

EL補正自体が高次数の関数である可能性ももちろんありますが、色々計算していく中でおそらく敵にも属性値による防御が設定されているのではないか、という仮説を立てました。(FF14のコンテンツでは、基本的に敵の防御力は存在しません。Lv1の木人にも零式4層ケフカにも同じダメージが入ります)
敵の属性値による減少量は当然各EL毎の敵に異なる値が設定されているため、EL補正の式×敵のEL毎の軽減量の式と乗算されて2次関数的に値が変化してしまっているのではないでしょうか。


先の検証である属性値によるダメージ計算において、同ELの敵に対する属性値253の時のジョルラのダメージは5726です。しかしながら、300シンクされた私の赤魔のジョルラのダメージ期待値は4483でこれと一致しません。
もし属性値が100である場合のダメージが4483であるならば、属性値253であるときのジョルラのダメージは11342となり、49.5%軽減されていることになります。

ここでデスペナでELを19に下げ、EL19の敵に対して同じことをしてみます。
属性値241のジョルラのダメージは47.2%にまで軽減されています。つまり、同ELと戦闘する場合でも敵のELによって軽減率が違う可能性があるのです。


全てのELにおいて検証が出来ればこれを証明することも出来るのですが、私のキャラクターはどちらもELが20で、どうがんばってもEL11までしか検証できません。
なので、これの詳しい検証はパゴス編にてやってみようと思います。

ひとまず、デスペナで19まで下がった場合と20の場合でEL19のモノアイに対する与ダメージと被ダメージを検証してみたところ、ELが19から20にあがると与ダメージは30%増えて被ダメージが15%減少しました。
やはりEL1の差はかなり大きいことがわかります。


パゴス編が始まり次第、また与ダメージと被ダメージの検証を行ってみたいと思います!
それでは!