レベリングIDでまとめ進行をしない方がよいのかを、実際にダメージ数値を測定して考察してみます。

はじめに


レベリングIDではまとめない方がいい、50、60、70IDではまとめてもいい
、というのが大抵のタンクの認識だと思いますが、ではこの認識は数値的に正しいと言えるのかを実際にIDに行って確かめてみました。

なお、今回はタンクの防御的な意味で調べています。


計測とまとめ


とりあえずダスクヴィジル(Lv51~52)、バルダム覇道(Lv65~Lv66)、ガンエン廟(Lv70)の3つでデータを取って来ました。
全てIL363のナイトで忠義の盾以外バフが何もついていない時の数値をSSにしました。(当然Lv70以外ではシンクされます)


◇ダスクヴィジル(タンクのHP10322

20180801001

大体敵の攻撃は650~800といったところでしょうか。
つまり、おおよそAAでタンクの最大HPの6.8%ほどのダメージを与えてくるということになります。


20180801002

たまにしてくるWSも同じくらいのダメージです。


◇バルダム覇道(タンクのHP38844

20180801003
(↑前半)
20180801004
(↑後半)

大体AAが2450ダメージくらいと言えます。
同じく最大HPとの比率を求めるとAAでタンクの最大HPの6.3%ほどのダメージを与えてくるということになります。
ほとんどダスクヴィジルと同じですね。

キツいイメージがあるのは、半ば強制的に4匹と戦う箇所が2つもあるからだと思われます。ノンバフならだいたい3秒毎にHP25%前後ずつ減るのでヒールなしなら12秒くらいしか耐えられないことになります。(もちろん回避や回避可能なWSでAAが止まっていたり、回避不可物理WSが来たりと数値はずれます)


◇ガンエン(タンクのHP64584

20180801005
ILが上昇し、バルダム覇道のときと比べてタンクのHPが2倍弱あるエキルレIDではありますが、被ダメージはバルダム覇道と対して変わっていません。

20180801006
特に後半の敵の弱さが目立ちます。
ヒヒやベニツノのAAは前半のまとめられないエリアの敵の半分くらいの強さになっています。(2ボス直後の2グループをまとめた時のSSです。2412ダメージを与えているのはでかい鳥のヒッポウ)

最大HPとのダメージ比率を求めると、前半で最大HPの3.9%、後半のヒヒとベニツノに至っては最大HPの2.0%ほどしかダメージを受けません。

明らかにダメージのHP割合的に弱くなっています。

ガンエン前半の敵5匹をまとめたときのダメージ割合は、バルダムで3匹と戦うときのダメージ割合とあまり変わりません。

逆に言うと、例えばバルダムで開始早々7匹まとめたときの被ダメージは、ガンエンで12匹くらいまとめた時のダメージに相当するということです。(ヒヒ換算だと脅威の22匹分)

なので、数値的に見てもレベリングIDでまとめるのは身内かまとめ狩り募集の時に留めておいた方がやはり賢明ですね。
それではまた!