やはり野良ではタンク不足が目立つので、ちょこちょこ書いてみます。
個人的には、とにかく防御とヘイト確保が重視されるという点がタンクらしくてイイと思っています。

※21~30周回ではなく、100階を目指すパーティーでのタンクの立ち周りです

20180718001

準備編


■ジョブ

得意なジョブで行けば間違いないです。クリアできないジョブはありません。
が、特にこだわりがなく、タンク3ジョブ出せるのならナイトで行くことをオススメします。

理由はいくつかあります。

まず上層では、通路から部屋の敵を釣って通路で1匹ずつ処理するのが大前提です。
しかしながら射程15mのロブトマホークアンメンドでは限界があり、挑発はリキャスト40秒もありアビリティ不可エリアでは使えません。射程25mのいつでも撃てるホリスピを持つナイトが有利です。

さらに戦士や暗黒ではどうがんばっても25秒に1回しかスタンを入れられませんが、ナイトはバッシュがあるので耐性がつくまで入れ放題です。特にアビリティ不可のエリアでスタンを入れられるタンクはナイトだけです。

他にも何かと事故の起こりやすいアメノミハシラではクレメンシー、かばう、インターベンション、ヴェールなどの防御手段が豊富なナイトが非常に輝きます。

繰り返し申し上げますが、暗黒や戦士でもクリアできます。


■ロールアクション

挑発/ランパート/ロウブロウ/インタージェクトまでは確定です。
残り1枠は好みでOKですが、私は上層妖霧の事故防止にアウェアネスを入れてます。コンバレセンスや見切りでもいいでしょう。


■アイテム

天之秘薬はある程度持っておくといいでしょう。上層で妖霧やアビリティ不可を引いたときやヒーラーが落ちた時は心強い薬です。土器片1つで20個交換できるので少なければ21-30周回で稼いでおきましょう。
ただ、がんがん使うとただのオーバーヒールですし土器片の消費もかなり早くなってしまうので、ヒールがきつそうな場面で局所的に使用します。
やまびこ薬やフェニックスの尾ももちろん準備します。やまびこ薬は味方に使えることを念頭に置いておきましょう。


実戦編


なお、基本的に71階以上の上層階での戦術を記します。


■基本戦術

70階までの浅い階ではともかく、71階以上ではとにかく固く、ヘイトをがっちりです。

常時防御スタンスはもちろんのこと、ヘイトも一切飛ばさないように注意です。
このコンテンツの上層に限り、タンクは火力なんてほぼ気にしなくていいです。とにかく死なず、ヘイトを飛ばさないこと。欲張って自分が死んで全滅したら数時間が無駄になります。

防御力を高める行為ならなんでもします。バフの使用以外でも、ナイトを例にあげるのなら、フラッシュで暗闇をかけたり、スタンが要らない雑魚ならばバッシュで6秒+3秒のスタンをかけたりして、被ダメージを抑えます。

また、戦闘中は常に周囲を警戒して下さい。
上層でキャスターやヒーラーが巡回に絡まれたら、場合によっては数秒で死んでしまいます。
巡回が来ている場合、移動できるなら移動、出来ないのなら防御強化などの魔土器を使用し、2匹のヘイトを保持します。


■敵の釣り方

必ず1匹ずつと戦闘をします。
アメノミハシラの全滅パターンの大部分は2匹以上の敵と同時に戦闘をすることによって生じます。
敵を釣るときは戦闘中に罠を踏まないように、通路から敵を1匹ずつ釣って通路で戦闘します。届かない場合は、部屋の隅を歩きながら近づいて釣り、同じ道をたどって通路まで連れていきます。
また、部屋の敵を釣る前に巡回の敵が来ていないかを必ず確認しましょう。


■フロアの回り方

新しいフロアについたら、まず真っ先に巡回の確認をします。
近くに巡回がいたら優先して倒します。これは、後々になって後ろから挟まれないためです。

部屋の中を歩くときは、できる限り部屋の端を通りましょう。
端には経験上ほとんど罠がなく単純に踏みにくいのもそうですが、端を通れば全く同じルートを歩けることになるので、既に通った部屋の行き来で罠を踏まなくなります。

基本的に上層では敵石化や魔石などで敵が全滅していない限りは転送装置が開き次第、上に上がります。

上層でのフロアの周り方を書くと、以下のようになります。

・ 最初の部屋から見える巡回をすべて排除
・ 転送装置の部屋を目指しながら道中の避けられない敵と巡回を排除
・ 転送装置の部屋についたら装置に乗るまでに絡まれるであろう敵の排除
・ ここまでで装置が起動していなければ近くの部屋の敵の排除(出来るだけ宝箱のある部屋が望ましい)

また、上層でミミックが出現したらタンクを見殺すPTがたまに見受けられますが、開けたのがタンクであるなら倒したほうがいいです。タンクの場合、呪詛前に死ぬのが難しいので、ほぼ確実にタンクに呪詛が入ります。ならば、倒してアイテムドロップを狙った方がいいでしょう。

もしこの見殺し戦略を取るのなら、上層の宝箱はすべてDPSに開けてもらいましょう。


■魔土器:防御強化の使用について

魔土器管理を他の人が担当していても、これだけはタンクである自分が使わなければなりません。
まず、所持数限界で持ちきれない場合は最優先で使用するのはもちろんですが、バフ残り3分などで所持数限界になっても上層では遠慮なく使って上書きしてください。
タンクがしっかりしていれば、基本的に道中でヒラやDPSに防御強化は不要です。

所持数限界以外では、妖霧、最大HP低下などのフロアデバフがかかった時や、他の敵との戦闘中に避けられない巡回が来た時などで使用します。

3個あったとしても合計24分しか持たないので、例えば91階の初手で防御強化を割るのはあまりよろしくないです。妖霧やHP低下のバフのフロアにつくまでは使用を控えましょう。
もちろん余らせるのはもったいないので、例えば100階踏破まで24分もかからない状況になったら1個ずつ使用していきます。


■誘引の罠を踏んだときの対処法

タンクが先導し、タンクが通る道を他の全員が後ろをついてくる理想的な進め方をすると、罠を踏む可能性があるのは基本的にタンクだけになります。
誘引を自分が踏んだ場合、敵石化や魔石でやり過ごしてもよいのですが、節約を狙うのなら、他の全員が離れてわざとタンクが死んで蘇生をもらう方法がエコロジカルです。なお、形態変化の場合、上層だと基本的に2個必要です。

しかしながらこれにもタンクの仕事があります。
誘引で広範囲の攻撃を持つ敵が現れた場合、自分が死ぬまでにきちんとそれらをスタンや沈黙で止めましょう。
避難している味方にそれらが当たると簡単に全滅します。
例えば81階の誘引でムカイイヌが出てきて、自分が死ぬ前に雷電の咆哮の発動を許すと全滅のおそれがあります。

また、この誘引見殺し法を取る場合は70階クリア後あたりで必ず味方の了承を取っておきましょう。
全員の意思疎通がなければ危険です。


■スタンと沈黙

他のジョブにも出来ますが、タンクである自分がきっちり止めれば他の人に頼ることなく安全に戦えます。
前の記事で71階以降の敵はすべてまとめたので、効果的な敵を把握しておけばスムーズに攻略できるでしょう。

【FF14】アメノミハシラ:71~80の攻略
【FF14】アメノミハシラ:81~90の攻略
【FF14】アメノミハシラ:91~100の攻略



他にも気づいたことがあれば追記していきます!
これから攻略される方は頑張ってくださいね!