全て検証が終わりましたので、見やすいように一覧にしてみました。

魔土器:魔法効果解除はデバフだけでなくバフも消去します。
基本的に魔法効果解除はアイテム使用禁止、アビリティ禁止以外では使用しなくていいです。
81階以降の魔法効果解除は敵石化や魔石に匹敵する非常に貴重な魔土器です。

バフ


◇最大HP/最大MP上昇
20180714001
味方の最大HPとMPが15%上昇する。

タンクだと10000以上の効果があるので、上層ではかなり嬉しいバフです。


◇ヘイスト
20180714003
オートアタックの攻撃間隔と、ウェポンスキルおよび魔法のキャストタイムとリキャストタイムを15%短縮する。

与ダメージアップに直すと、8%~14%くらいの効果があると言えます。(アビリティとDoTには一切の影響を与えないため、ジョブによって効果が変わります)
なお、黒魔紋や強化オシュオンのヘイスト倍率と同じです。


◇スプリント
(SSが取れませんでした!)
味方の移動速度が上昇する。(常時スプリント状態となる、スプリントは使用不可)

地味に範囲攻撃を強引に回避しやすくなる副次的な効果が嬉しいです。
1フロアの攻略時間も短縮されるため、上層でかかるとラッキーです。



デバフ


◇最大HP低下
20180714002
味方の最大HPが20%低下する。

実質被ダメージが25%上がるようなものなので、上層でこれがかかると地味に危険です。
魔法効果解除を使うレベルではないですが、ヒーラーとタンクは気を引き締めていきましょう。


◇ダメージ低下
20180715001
味方の与ダメージが10%低下する。

効果量が低いため、比較的優しさに満ちているフロアデバフです。
後述の妖霧の下位互換です。


◇暗闇
20180713001
味方の命中率が92%前後まで低下する。

命中率低下はさほどでもないですが、例えば3連コンボを成立させるためには2回連続で92%をパスしなければならないので、数値以上にやっかいです。
特に危険なのは、シールドバッシュの命中率が92%まで低下するので、バッシュでスタンがつかなくなるケースがあるということです。
ロウブロウやインタージェクトは暗闇状態でも必中なので、出来る限りこれらで止めましょう。


◇妖霧発生
20180716001
敵の与ダメージが20%上昇し、被ダメージが15%低下する。さらに移動速度が上昇する。

かなり強力なフロアデバフです。上層で発生すると危険です。
今回のアメノミハシラではボスがさほど強くないため、上層でこれが出たら魔土器:敵弱体を使っていいと思います。一応敵弱体で移動速度上昇以外は完全に打ち消せます。


◇HP自然回復禁止
(SSが取れませんでした!)
味方のHP自然回復が無効化される。

赤魔やヒラなし構成でもない限りは、非戦闘中の自然回復無効はほぼないと思っていいレベルです。
問題は戦闘中ですが、戦闘中のHP自然回復量は3秒毎に最大HPの1%なので、タンクでも650ほどです。1分の戦闘だとしてもケアル1発増えるくらいなので、比較的やさしいデバフと言えます。


◇アビリティ使用不可
20180716003
味方にアビリティ使用不可のデバフを付与する。

フロアデバフ2強の一角。魔法効果解除の使用を考えるレベルです。
WSと魔法しか使えなくなるので、攻防ともに弱体化が凄まじいです。ちなみに詩人と赤魔の2ジョブで軽く木人を殴って検証してみましたが、詩人と赤魔はアビリティ不可がかかると与ダメージが25%くらい落ちます。
上層では、タンクの防御バフとヒーラーの回復アビリティが使えなくなることと、ロウブロウやインタージェクトによるスタン/沈黙が入れられなくなることの2点が非常に危険です。
魔法効果解除の数が心もとない場合、魔石や敵石化で強引に突破する策もありと言えるでしょう。


◇アイテム使用禁止
20180716004
味方にアイテム使用禁止のデバフを付与する。

フロアデバフ2強の一角。魔法効果解除の使用を考えるレベルです。
上層では誘引の罠を踏んだり巡回に絡まれたりして対複数と戦う場合、ほぼ魔土器の使用が必要になります。この魔土器の使用を封じてしまうので、非常につらいです。
しかしながら魔石は使用できるため、魔法効果解除の数が少なく魔石に余裕がある場合は、魔石で強引に突破することも考えられます。


◇魔石使用禁止
20180716002
味方に魔石使用禁止のデバフを付与する。

敵石化の魔土器が残っていればさほど脅威ではないデバフですが、敵石化も形態変化もない状況で魔石しか頼るものがない場合、致命的なデバフになりかねません。