アメノミハシラにおけるフロアデバフ「妖霧」では、フロア内の敵全てに、与ダメージ上昇被ダメージ低下移動速度上昇、の3つのバフが付与されます。
このうち、与ダメージ上昇、被ダメージ低下がどれくらい作用するのかを検証します。
20180711001

検証

21階から赤魔でソロで潜ったところ、28階にて妖霧が発生しました。
ここで妖霧状態でデータを取ったあと、魔土器:魔法効果解除を使用し、妖霧を消してから再度データを取って比較してみました。


◇与ダメージ上昇の検証

敵の攻撃力が妖霧の前後でどれくらい上がっているかを計測します。
28階にいる、アメノ・コジャ相手にAAを受け続けてみました。

- 平均  最低  最高 
 1767.0 16891859
 妖霧 2172.820372235

平均ダメージで単純に比較するとこちらの被ダメージが122.96%に上がっています。

以前の敵弱体の時と同じく、得られたダメージの最大値と最低値より、ここから真の値を推定します。
すると、真の値は119.42%~121.41%の間に存在します。
おそらくキリのいい120%と推定されます。

ゆえに妖霧で敵の与ダメージは20%上昇する、と言えるでしょう。


◇被ダメージ低下の検証

続いて敵の防御力が妖霧の前後でどれくらい上がっているかを計測します。
同じくアメノ・コジャ相手にジョルラをぶつけ続けてみました。
計測できた値を表にすると以下のようになります。

- 平均  最低  最高 
 3728.0 35463903
 妖霧 3158.730283315

平均ダメージで単純に比較すると84.73%までジョルラのダメージが低下しています。

ここで先ほどと同様に真の値を推定すると、真の値は84.37%~85.96%の間に存在します。
こちらも、おそらくキリのいい85%と推測できます。

ゆえに妖霧で敵の被ダメージは15%低下する、と言えるでしょう。



結論


妖霧状態では、敵の与ダメージが20%上昇し、被ダメージが15%低下する。
(味方視点でいうなら、敵への与ダメージが15%低下して、敵からの被ダメージが20%上昇することになる)

思ったよりも強化されます。
特に上層の敵が攻撃力1.2倍になるのはかなりつらいところです。

ところで、以前の日記で魔土器:敵弱体の効果は、敵の与ダメージを20%低下させ、被ダメージを30%上昇させる効果があるということが判明しました。

【FF14】魔土器:敵弱体の具体的な効果量を検証してみる

つまり、敵弱体で妖霧のスプリント効果以外を完全に打ち消せることになります。(リポップの敵を除く)
ちなみに妖霧状態で敵弱体をぶつけた場合、敵の与ダメージは4%下がり、被ダメージは11%上昇することになり、差し引きで妖霧を完全に打ち消してちょっとだけお釣りが来ることになります。

91階以降では敵弱体は比較的使いづらいので、91階以降で妖霧を引いたら敵弱体を使うことで、貴重な魔法効果解除を節約できることになると言えるでしょう。