以前に書いたこちらの日記の発展系です。

【FF14】リフレッシュの効果中にロイヤルコンボをホリスピ3連に変えるべきか計算してみる

20180608001

はじめに



リンク先の記事を参照して頂ければわかるんですが、リフレッシュがかかった場合、特定条件下でロイヤルコンボをホリスピ3連に切り替えれば火力があがることが実証されました。

ここで、改めてGCD2.45秒である場合の通常スキル回しの所要時間について計算してみましょう。
FoFスタートのスキル回しの場合、ドゥームとウィズインを省略したスキル回しは以下のようになります。

ファスト→ライオット(+FoF)→ゴアブレード
ロイヤルコンボ
ロイヤルコンボ
ゴアコンボ(+レクイエス
ホリスピ5連
ゴアコンボ
ロイヤルコンボ
ロイヤルコンボ(2ホリスピパターンはここでホリスピ2回)

これらを撃ち終わるとFoFのリキャストが返ってくるのでこのスキル回しをループすることになります。
この一連のスキル回しにかかる時間はGCD2.45秒の場合、63.74秒となります。

ここで最初のお話に戻ります。
記事ではロイヤルコンボを3連ホリスピに置き換える場合で書かれていますが、1ループにかかる時間が63.74秒ということは、ロイヤルコンボを2回のホリスピに置き換えてもスキル回しは崩れないどころかFoFの60秒周期に近づくわけです。

今回このテクニックを使って火力が上がるかどうかを計算します。

計算


まず前提として、GCD2.45秒、武器の攻撃間隔2.24(ダイヤソード)、忠義剣状態、斬耐性ダウンあり、で計算します。また、ホリスピを撃つ場合のAAですが、以前の記事で検証した数値であるGCD2.5秒中0.75秒間AAタイマーが止まるとして計算します。

スキル回しは上記のスキル回しを使用します、素ホリスピパターンは最後のロイヤルコンボをホーリースピリット2発に置き換えたパターンです。
1ループに入れるアビリティはウィズイン2回、ドゥーム3回、FoF1回、レクイエス1回です。うち、ウィズインとドゥーム、レクイエス1回ずつはFoF中に入れます。(場合によってはドゥームが2回になるループもありますが、ドゥーム1回の有無で通常パターンとホリスピパターンに火力差は生まれません)

計算結果は以下のようになります。なおAA1発の威力は138.13としました。(AA威力110+忠義剣威力75に攻撃間隔補正をかけた数値)

- 所要時間  総威力値  威力/s 
通常63.7416546259.58
 2ホリスピ 61.3916165263.31

2ホリスピの方が秒間威力が高いことが判明しました。
それどころか3ホリスピパターンの秒間威力も超えます。同条件3ホリスピも計算してみましたが秒間威力が260.47です。
以前の記事の価値がないですね、通常よりも強いだけマシかというレベル。
1ループのDPSが1.5%近く上がり、ループもFoF周期の60秒に近づきFoFが腐る時間も少なくなるので、2ホリスピ置き換えパターンはめっちゃ優秀と言えます。


使用条件


しかしながら追加で2発もホリスピを撃とうものなら追加で2880ものMPが必要です。ライオットソードの回数も1回減るので、この損失分もいれて3440のMPが必要です。

改めて、ナイトのMPが1ループでいくつ回復するか計算してみましょう。
戦闘中の自然回復量は3秒毎に最大MPの2%です。1発目のレクイエスホーリーから次のレクイエスまでに19回自然回復するので、自然回復量は2679となります。
ここにライオットソードの回復量が加わります、2ホリスピパターンだとレクイエス間で7回撃つことになるので、4200回復します。

ホリスピを7回撃つために必要なMPは10080なので、3201足りません。

なので以下の2条件をどちらかを満たさないと2ホリスピパターンができません。


条件1:リフレッシュがかかっている

リフレッシュは3秒おきに600ずつMPを回復させます。
つまり、18秒以上効果があれば撃てます。
固定ならともかく野良ではいつ飛んでくるかわからないので、リフレッシュがかかった瞬間に判断しましょう。

リフレがレクイエスカット中に来たいけます
リフレがFoF中に来たレクイエスカットを撃った瞬間に21秒以上リフレが残っていたらいけます
リフレがどっちもかかっていないときに来たレクイエスカットのリキャストタイムが36秒以上あり、置き換え前のロイヤルかゴアを撃った瞬間のMPが2139以上あるならいけます

簡単に言うと、レクイエス中かその前後9秒くらいの間にリフレがかかったら出来るということです。


条件2:シェルトロンが4回使える

シェルトロンを使用するとMPが960回復するので、1回目のレクイエスホリスピから次のレクイエスカットまでの約57秒間に4回使用できればMPは足ります。ただしかなり厳しい条件です。

オウスはAA1回ごとに5回復し、AA間隔2.24の片手剣で57秒間に起こるAAはホリスピ詠唱ロスを含めて計算すると24回~25回なので、オウスは120貯まります。しかし次のレクイエスが使用可能になった瞬間にオウスが貯まっても意味がないです。
つまり、レクイエスカットを撃った瞬間にオウスが最低でも90(出来れば100)あり、57秒間に5秒以上の間隔をあけて自分にブロック可能な攻撃が4回以上発生するタイムライン下で一度もインターベンションの出番がなく57秒以上殴り続けられる場合で可能になります。

1の条件であるリフレが厳しいタイミングでかかっても、シェルトロン1回はリフレ1.5tickに相当するため、ある程度なら強引にMPを戻せます。シェルトロンをこのテクニックで使用する場合は、1との複合で使った方がいいかもしれません。


条件3:マナシフト/サリャクとシェルトロン1、2回
しかしナイトにマナシフト/サリャクするくらいならヒラか詩人に投げた方が遥かにマシです。


あとがき


シグマ零式2層のセイレーンのようなMP全回復ギミックがあれば特例的に使えるケースもありますが、基本的にはリフレ時限定のテクニックとみなした方がいいです。

記事では2連でホリスピを撃っていますが、MP回復が間に合っているのならロイヤルコンボ1回おきに1発ずつ撃ってももちろん可能です。ちょうど移動しなければいけないときに噛み合えばより効果も上がるでしょう。

また原則として、置き換えても1ループが60秒以上になることが求められます。60秒以下になるとFoFのリキャが間に合いません。
ゆえにSSを盛りすぎてる場合はこのテクニックが使えませんGCDが2.37かそれより遅い必要があります、SSの値で言うと、SSが1248以下の場合のみできます。これ以上SSがある場合は3ホリスピパターンを使用しましょう。

加えて、ギミックとSSによっては素ホリスピ1発パターンも考えられます。
GCD2.45秒の場合1ホリスピパターンはループが58.89秒になります、つまりギミック的にGCDが1.11秒以上遊んでしまうケースなら1発だけ撃って強引に60秒ループにさせてお茶を濁すのもありでしょう。この場合、シェルトロン2発挟めばMPが足りるのでリフレを待たずしても自力でまかなえます。

またSSの条件を満たしていても、オシュオンの矢やフェイウィンドがかかれば当然ずれます
フェイウィンドは基本的に30秒フルにループにかかっても荒い計算ですがSS848(GCD2.43秒)までは大丈夫です(むしろループが60秒に限りなく近づくので2ホリスピフェイウィンドは理想的)が、オシュオンは範囲版ですら2.45秒のGCDでも30秒フルにループにかかった時点で2ホリスピ回しはできません
SS849以上の場合はフェイウィンドかオシュオンの矢、SS848以下の場合はオシュオンの矢がかかったときは3ホリスピ回しか通常回しを選択しましょう。
※オシュオンをディスってるみたいですが、3ホリスピパターンや通常回しのときにオシュオンがかかればFoFが綺麗に回ってむしろ強いので悪いことじゃないですよ!2ホリスピが出来ないだけってことです。ナイトはSSによりますが、オシュオン適正が非常に高いジョブだと思います。念のため言っておきます!


なお、この2ホリスピ回しは、このブログのコメントで教えていただきました!
まさか3ホリスピ回しよりも強いとは……驚きました。ありがとうございました!