FF14には種族による初期メインステータスに差があり、最大で5の差が出ます。
現在のILでこの差はどれくらいになるのかを計算してみます。

basicstatus

計算

各種族毎のステータスは以下の通りとなります。

種族部族STRDEXVITINTMND
ヒューランミッドランダー2219202319
ハイランダー2320
22
18
20
エレゼンフォレスター2023192219
シェーダー2020
192321
ララフェルプレーンフォーク1923192220
デューンフォーク1921
182223
ミコッテサンシーカー2223201919
ムーンキーパー1922
182123
ルガディンゼーヴォルフ2219231821
ローエンガルデ2018232022
アウラアウラ・レン1922192023
アウラ・ゼラ2320
222018

次に、初期ステが18~23である時、各ジョブ毎の火力比を表にしました。
火力比は初期ステが23の種族を100.00%とした値です。
なお、ダイヤ武器を装備し、タンクはIL363、他ジョブはIL370で計算されていて、PTボーナス込みの数字です。

表の見方ですが、タンクの場合、STRの初期ステが19と20の種族は、21,22,23の種族の火力の99.90%しか出ないという意味です。
例えば自身がミッドランダーで詩人である場合、DEXは19なので、99.84%の火力となります。

-181920212223
タンク-99.90%100.00%
ヒーラー99.84%99.92%100.00%
-99.84%99.92%100.00%
モ/侍-99.84%99.92%100.00%
99.84%99.92%100.00%
レンジ99.84%99.92%100.00%
キャスター99.84%99.92%100.00%

表を見るとサンシーカー初期ステはSTR22で、アウラ・ゼラの初期ステSTR23には負けますが、タンクでIL363であるなら種族差は0といえます。
なぜSTRが1違っても火力が一切変わらないかというと、これも端数のせいです。
メインステータスにも端数が存在します。上げても数値的には全く意味のない幅が存在します。詳しくは下記事で説明しております。

▼【FF14】サブステの端数について

ちなみに最高でも99.84%と100%の差がありますが、後者が通しDPS5000ぴったり出すのなら前者は4992といったところです。

おまけ

恥ずかしながらこの計算をするまで、メインステータスに端数があることを失念していました。

メインステータスに端数があるということは……そうです、タンクの新式禁断アクセとダイヤ/虚構アクセのSTRの差は1しかありません。
つまり、初期STRが20であるエレゼンとローエンガルデのタンクは、新式禁断セットを1つだけダイヤ/虚構に変えるときちんと攻撃力があがります、が初期STR22のサンシーカーが同じことをやるとSTRは1上がってるのにSTRによる攻撃力はあがらないということになります。
一応少しだけ計算しましたが、ナイトのエレゼンが1部位だけあえて虚構/ダイヤに変えても、新式禁断より強くなる、と言ったことはありませんでした。ので少なくともナイトの最強ビルドには変化はありません。

今度戦士のビルドを考えるときにこの要素も頭に入れて計算したいと思います。
それでは!